トップへ戻る

出会いがほしい大学生がサークルで恋愛をするには?

サークル活動,大学生,出会い

 

大学生に入学しても出会いがないという人もいますけど、でも身近な場所にその場はあるもので、その鉄板というと、サークル活動です。

 

これは学生で、彼女、彼氏がいないと真っ先に考えることで、ここであればキッカケがつかめるのでは?このように思う人が多く、そしてそれも目的で活動に参加する人も多くいます。

 

普通の感覚では、自分のためにスキルを磨くや勉強のためにという場になるのですが、でも異性とのキッカケがない人は、それも頭の片隅にありながら、どこかで相手も探している人の方が多いと思います。

 

バイトで探すよりも、効率が良い場所とも言える事は間違いありません。

 

逆に「お付き合いする人がほしい」ので参加する、そのような人の方が多い方が、距離間を縮めやすいと思います。

 

でも、その思いとは裏腹に、期待していた通りにならない人も多くいる事は事実で、片思い状態のまま恋愛に発展する事がなく、そしていつしか就活、そんな事も珍しくありません。

 

という事で、出会いの場としては最適な場と言えますが、どうすればそこから恋愛に発展させれば良いのか、そのポイントなどについてまとめています。

 

最初に選び方についてです。

 

 

大学生の出会いの場になるサークルは好きな活動を選ぶようにする

大学生,女性,サークル,選び方

 

大学で出会いを求め、サークルに入るのは良いのですが、たくさん種類があるので、どれに入るのか決めていかなければいけませんが、この時に注意しなければいけない事は、自分が興味ある活動なのかという事が1つ。

 

そして出会いを求めた場合、そこで恋愛に発展させる場があるのか、この2つの事を考えていかなければいけません。

 

まず自分が興味ないものに参加しても意味のない事で、それこそ仲間内を困らせる事になります

 

不真面目というレッテルが張られてしまうために、そのレッテルを張られてしまうと、居場所自体がなくなってしまいます。

 

また先輩、後輩の上下関係もありますので、そこについても律儀な姿勢で臨まないと、恋愛対処として見てくれなくなります

 

要するに「印象が悪い」というやつです。

 

こうなってしまうと、せっかく出会いを見つけに活動しているのは良いですが、楽しくない活動になってきます。

 

そして入るのであれば早い方が絶対に特になります。

 

入学したらすぐに入るべきだと思いますが、理由は、活動に入る時期が遅くなると、人間関係を構築するのに大変だからです。

 

すでに1年もたてば、仲良しグループのようなものに分かれますので、そのグループにたまたま入ることができれば良いですが、でももしそうでなければ、接点を持つことができなくなってきます。

 

ここはとても大事なことでもありますので、もし活動するのであれば、早くに入る、そして自分が興味あるものに参加する、ここを鉄則のようにする事も大事です。

 

 

出会いがないサークル活動と無いサークルに注意する

 

そしてサークルといっても、出会いがあまりないサークルは避けるべきだと思います。

 

というのは、人数に左右されてくるとこもあるので、あまりマイナーなものを選ばないようにすることも大事です。

 

ただ人数が少ないと、チャンスがあれば、それだけライバルが減ることになるので、親密になれるチャンスはあるのですが、でも可能性としてはかなり難しいものになってきます。

 

相手にも選ぶ権利があるわけですから、コチラが好きでも相手がそう思っていないのであれば、その時点で終了になります。

 

仲良くなれても、それ以外の関係には発展しない事にもなりかねませんので、できれば、そこそこ人数がいるところに入ることも考えた方が後々困ることになりません。

 

10人よりも50人いる方を選んだ方が、恋愛をするチャンスがあることになります。

 

 

男女比を調べておくことも大事!ここをミスると出会いのチャンスが減る

 

そして男女比も大事な要素になってきます。

 

利用人数が多くても同姓ばかりになってしまえれば、これはチャンスなくなる事を意味します。

 

5:5になるような理想のサークルは、ほぼないと思いますが、同等に近いくらいの男女比のところを選ぶようにすると良いと思います。

 

男性が6で女性が4でも良いし、その逆でも問題はないと思います。

 

でもこれが同姓が7ぐらいになると、それだけチャンスの幅も小さくなってきます。

 

例えば自分が男性であれば、その男性の人数が7、女性の人数が3のような男女比になってくると、対象となる人が減ることは分かると思います。

 

さらに男性が8で女性が2ぐらい割合になると、かなり厳しいものになってきますので、そこは調べておいた方が良いと思います。

 

関係する人に聞ければ教えてくれると思うので、下調べをしておくようにしましょう。

 

 

大学サークルは辛くないものを選ぶようにする

 

そして大学サークルでは、あまりつらくないものを選ぶようにします。

 

活動の内容が辛いものになってくると、人の集まりが悪くなってくるからです

 

それについていく事も大事で、自分を磨くためにはなりますが、集まりが悪いと、人との接点を持つことができませんので、出会い自体がなくなってしまいます。

 

最初に入部したまでは良かったけど、いつの間にか辞めてしまった!こんな事は珍しくもありません。

 

活動としては成り立ちますが、でも恋活を考えた時には不利になってきます。

 

あまり過激なものは避けるようにする方が無難になります。

 

 

最低2つのサークル活動に加入することでさらにチャンスアップ

 

そして1つのサークルにこだわるのも良いですが、もし可能であれば、もう1つに加入するようにしてみます。

 

恋活のポイントは、数も関係してきます

 

上記で話したように、利用人数が多いところを選ぶという事と同じことで、自分とのつながりをどれだけ増やしていくのかも恋活を成功させるポイントになってきます。

 

つながりが多くなるほど恋愛のキッカケも膨らむ事になってきます。

 

そして保険的な発想の意味もあります。

 

もし1つ目をつけたものに参加して、それが微妙だった場合は、チャンスが巡ってくるまで待つようなことになってきます。

 

ただ、もう1つ参加しておくことで、そのマイナス分をカバーする事もできます。

 

これはできる範囲で良いので、複数のサークルに参加する事も検討してみて下さい。

 

バイトや勉強の時間の様子をみながらになると思いますけど、最低2つは入りたいものです。

 

 

イベントが多いサークルに入ることで親密になれる

 

そしてサークルにつきものがイベント関係です。

 

仲間内で飲み会というのは定番で、このイベント関係が多い活動に参加することで、親密になれるチャンスが上がります。

 

サークル活動をしている時は、活動中心になってきますので、コミュニケーションをとる事もできますけど、でも内容としては、その活動に対する姿勢が中心になってきます。

 

でもそこで出会いを目的にしたような行動になってしまうと、みんなから白い目で見られてしまうこともあります。

 

でもイベントでは別で、ここはただの仲間内の関係になってきます。

 

普通の友達のように、プライベートなことなど聞くこともできますし、そして活動の事は抜きにして、ワイワイ楽しくしますので、ここで親密になれるチャンスが生まれます。

 

サークル活動は、ここが醍醐味のようなところがありますが、そのイベントが極端に少ない場合は、親密度が減ることになるので、恋活の方もやや不安の兆しが出てきます。

 

ここも自前に調べておくことが大事です。

 

 

定期的に集まるサークルに参加するようにする

 

そして定期的に集まるサークル活動に参加するようにします。

 

実は良く集まるサークルと、不定期に集まるサークルと分かれる事になります。

 

不定期の場合は、たまに会う感じになりますので、これでは相手との交流も減ることになってしまいます。

 

減るという事は、対処となる人がいたとしても、その人に近づくことが難しくなってきます。

 

そしてたまにしか合わないので、人間関係もとても微妙なものになってきます。

 

良く集まるものに参加することで、出会いの方も発展しやすいと言えます。

 

 

先輩後半の規律に厳しいサークルは避けるべき!?

 

そして必ず存在するのが上下関係です。

 

これは高校でも同じだったと思いますが、先輩に厳しい人もいたと思います。

 

その厳しさは、サークルというよりも、その人間性になってくるのですが、その上下関係が厳しいところでは、異性が多かったとしても恋愛に発展しづらいと思います。

 

そして先輩優勢のようなところがありますので、恋愛にしても先輩が優勢するようなところが、どこかあります。

 

でも輪を乱すこともできないので、それをただ黙って見ているだけ!このようになってしまうと、とても悲しいものがあります。

 

上下関係が、あまり厳しくないところに行くことも大事です。

 

個人的にも、この上下関係とういのは、あまり好まないのですが、でも流れがそのようになっているので、逆らうことができません。

 

 

大学のサークルで気になる人と恋愛に発展させるためには?

サークル,イベント,恋愛

 

そして大学のサークルで、気になる人を見つけた場合、どのように恋愛に発展させるのかです

 

せっかくチャンスがあっても、コチラからアクションをしていかなければ、その恋も実らないことなります。

 

まず大事になってくるのは、イベントに参加したときに、できるだけ気になる人の近くにいく事です

 

最初は遠い席にいたとしても、後でスキを見て、その近くにいって話しをするようにします。

 

でも相手は、他の人とも話している事になるので、気になる人だけに一方通行にならないで、話しの輪に自分も入るようにして会話をしていきます。

 

イベントが頻繁にあるサークルが大事とは、このような事で、ここが唯一のチャンスのようなところになるので、自分から積極的に近づくようにします。

 

それだけでも距離間が縮まりますので、まずはトライしてみる事です。

 

話す内容は、その会話の内容を聞いて、それに合わせていけば良いだけです。

 

あまり調子に乗ると嫌われてしまう事になりますので、ほどほどにしましょう。

 

そしてお酒が入るような場であれば、特に気持ちが高ぶってしまい失敗することが多くなりますので、ここには特に注意が必要です。

 

 

女性の場合は相談するようにじわじわとせめていく

 

女性の場合は、積極的になることができない人も多いと思います。

 

この場合は「相談」という感じで、相手を頼ることで、恋愛に発展しやすくなります。

 

男性は女性に相談されることで、その女性に興味を持ちやすく、また親身になって聞いてくれます。

 

そしていつしかその親身になっている気持ちが、恋愛に変わりやすくなってきます。

 

先輩であれば相談もしやしと思いますし、同年代であっても相談はできると思います。

 

相手の得意なことで自分が苦手なことでも良いかもしれません。

 

これは今活動しているサークル関係のことでも良いと思います。

 

もしくは勉強の方とかでしょうか。

 

これをしていくと恋愛感情は相手は抱きやすくなってきます。

 

 

大学のサークルで恋愛をしても別れることもあるのでここも注意

 

そしてついにサークルで、出会いを探し恋愛に発展して、恋を実らせても、別れることもあります。

 

ここで気まずくなるのが、同じサークルにいる事です

 

別れても同じ活動をしていれば、必ず会うことになりますので、ここに気まずさが生まれる事になります。

 

これをどのようにするのかではなくて、別れるときに後腐れがないような別れ方をすることがポイントです。

 

ケンカ別れのようになると最悪で、この場合は他の人にもその空気を知らせることになります。

 

そしてどちらにしてもその活動内の人であれば、いずれ他の人にも分かる事になるので、できれば円満に終わらせることも大切です。

 

サークルはサークル、恋愛は恋愛と分けておくような別れ方が大事です。

 

最悪は、その活動を辞めてしまうような流れになると思います。

 

こうなると、かなり寂しいものになってきます。

 

 

大学生がサークル活動で出会いを見つけるためのコツのまとめ

 

大学生がサークルで、出会いを見つけるためのポイントは上記のようになってきますけど、参加しないかどうか迷っている人は後悔をする事もあるかもしれません。

 

大学にはクラスのようなものが存在していますけど、中学や高校のようなつながりではありませんので、そこから人とのつながりは持てなくなってきます。

 

そのクラスのようなものがサークルになるので、ここに参加しないと、出会いの少なさに痛感させられる事になるかもしれません。

 

でもそれはそれでまた知りたい!大学生が恋愛ができる出会いの場はどこにあるのか!のような別な方法があるのですが、興味があるのであればサークルは参加してみる事をおすすめします。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る