トップへ戻る

大学生で彼氏ができない人の理由とすぐに男性を見つけるには?

大学生カップルの男女,彼氏

 

大学生女子で「彼氏ができない!」こう叫ぶ女性は多いと思います。

 

実際問題、どのくらいの大学生が、彼氏がいないのかの国で正確な調査はされていないので不明ですが、でも20代の正確な調査は2017年にされています。

 

国立社会保障・人口問題研究所の調査報告によると「彼氏がいない女性の割合は約60%、彼女がいない男性の割合は約70%」

 

両方とも約70%近い数字になっています。

 

ほとんどの人は相手男性がいない事が分かります。

 

その大学にもよりますが、まわりの女性を見ても、男性とお付き合いしている人の割合の方が少ないと思います。

 

自分だけいないという事ではなくて、多くの学生がいないという現実です。

 

でも中には彼氏がいる人もいるわけですが、果たしてこれは運なのかというと、そうでもない事の方が多い感じです。

 

でもどうすれば良いのか?ということと、なぜ男性とお付き合いする事ができないのか、その理由などについてです。

 

 

彼氏ができない大学生女子!なぜできない人が多いの?

本を持って黒板の前に立つ大学生女子,勉強

 

彼氏ができない大学生女子、なぜできない人の方が多いのかは、本人の問題である事もありますけど、でも環境的な事も関係してきています。

 

一度は聞いたことあると思いますが、今は草食系男子が増えてきた事も、彼氏ができない理由の一つになってきています。

 

女性であれば男性からリードしてもらいたい、または声をかけてほしい、こう願うのが普通で、そしてそれが当たり前のように思っている女性も多くいますけど、これはちょっと前までであれば、男性がガツガツと攻めていくことが普通だったので、待っていれば声がかかる事も多かったです。

 

でも今は草食系と呼ばれる男子が増えてきた影響から、そのガツガツさがなくなっていき、女性と接点を持つことが極端に減ってきているとう状態です。

 

草食系男子というのは、分かりやすくすると、恋愛に対して受け身の男性の事を指します。

 

その男性の増加から、女性が求める恋愛が難しくなってきている事も影響しているわけです。

 

 

  1. 女性は待っている
  2. 男性は受け身になっている

 

両方とも受け身の状態ですから、これでは恋愛に発展するチャンスが少ない事が分かると思います。

 

一部の肉食系と呼ばれる男子と巡り合うことで、彼氏ができる確立は高くなりますが、でも全体的に見ても、今の大学生や学生は、その草食系男子が多いので、肉食系男子と巡りあうのにも難しいものがあります。

 

でもなぜその草食系男子が増えているのかは、主な理由は2つあります。

 

家庭環境の影響、そして女性を求めなくても、それを満たすためのものが数多くあることです。

 

 

家庭環境の影響とは?

 

昔は高校を卒業することが当たり前でしたが、今は大学を卒業することが当たり前になってきています。

 

なぜそうなるのかは就職と深い関係にあって、要するに大学を卒業しないと、就職が厳しいという風潮から、家庭環境が厳しくなってきているところがあります。

 

そのため勉強の邪魔になるような要素を、家庭の方で厳しくする傾向あり、気がつくと異性とお付き合いした事がない人が増加した事になります。

 

そのため恋愛経験なしの人が増えて、そして大学にいくわけですが、そして自由になるけど、でも恋愛経験がないので、どうすれば良いのか分からないという事から奥手になる男子が増えているような感じです。

 

社会情勢、家庭環境の影響、子供にも影響、そんな事から草食系男子が増えてきた事になります。

 

女性を求めなくてもそれに変わるものが多くある

 

そして今は女性を求めなくても、それに変わるものが数多くあります。

 

男性が女性を求めるのは、人間の本質的なことで、その理由に「」が関係してきます。

 

女性としては理解できないところかもしれませんけど、男性としての欲求を満たすために半分は女性を求めることになります

 

もう半分は恋愛をしたいという欲求です。

 

男性としての欲求を満たしたいという事が半分、そして恋愛をしたいという欲求が半分あるわけです。

 

ここが本質になっていますが、でも今は男性としての欲求を解消すするものが数多くあるという事です。

 

それもかなりクオリティが高いもので存在しています。

 

ネットによる動画や漫画、そのような存在で満たされているわけです。

 

でもネットがない時代は、男性としての欲求を満たすことができなかったので、ガツガツとした男性が多かったわけです。

 

それに関係するものとしては、セクハラやモラハラへの過剰な反応なども関係してきています。

 

「それってセクハラ?」のように騒がれるなら手を出さない方がマシのような風潮です。

 

「触らぬものに祟りなし」のような感覚です。

 

という、色々な要素があって、大学生の草食系男子が増えてきて、受け身になっている人が多いと言えます。

 

 

彼氏ができない大学生女子側の共通点とは?

 

続いて彼氏ができない大学生女子の、女性側になりますが、これも色々な理由があります。

 

  1. 受け身になりすぎている
  2. 男性慣れしていない

 

これが主な理由になっている事が多いと思います。

 

 

受け身になりすぎているとは?

 

これは女性であれば当然ですけど、基本的に女性は男性から比べると、受け身になる姿勢です。

 

でもそれも度が過ぎてしまうと、男性側がそれを察知して、近づかないような姿勢になってきます。

 

ガードがかたすぎている状態ですが、自然にそのようになっている事があります。

 

これも家庭環境の影響もありますし、そして性格的な事も深く関わってきます。

 

自分がどのように男性に写っているのか、その自分を知らないことが最大の理由になっています。

 

「スキがない女性」だと、男性はアプローチしづらくなってきます。

 

 

男性慣れしていないとは?

 

これはしょうがない事ですけど、男性慣れしていないので、彼氏ができないケースも多くあります。

 

どう接していければ良いのか、どういう女性であれば好かれるのか、そのような事が備わっていないことで、男性を惹きつけることが出来ていないケースも多くあります。

 

これは経験から分かることも多いのですが、でもその経験自体がないために、空回りをしている事があります。

 

でもこれは経験から得ることが多いので、初めは予測の範囲での行動になると思います。

 

どういうところを見直して、そして女性が好かれるかについては、下記の記事に詳しくまとめているので、目を通してみて下さい。

 

 

 

彼氏ができない大学生女子が彼氏を作るには出会いを探すこと!

スマートフォンを嬉しそうに操作する大学生女子

 

最低限上記で話したことが理解できた、または整ったという条件の元で、彼氏ができない大学生女子が、どうすれば彼氏ができるのかは、後は出会いを求めるだけの事です。

 

そもそも男性と接点がない女子大生でも彼氏を作ることができているわけですが、どうしてできるのかは、出会いを求めているからです。

 

共学になれば、男性はまだいますので、サークルについても、ゼミや講義などでも、まだ男性との接点がありますが、女子大生となると、男性との接点というと、バイトぐらいのものしかありません。

 

でも彼氏を作ることができています。

 

その差は何かというと、自分から出会いを求めていることです。

 

待っていても何も変わらないわけですから、自ら行動することでお付き合いできる相手を見つけている事になります。

 

今の大学生女子で、彼氏がいる人で共通することは「行動しているところ」ここが共通点になってきています。

 

草食系男子が多いといっても、でもその男性だとしても、彼女が欲しい願う男性は多くいます

 

でもその場をどこに求めているのかです。

 

共学であれば、上記で話したようなサークル、バイト先という事になりますが、でも今の男性は他のところに出会いを求めている流れになってきています。

 

その場というのが「合コン」そして「インターネット」の利用です。

 

主にこの2つの方に流れていて、そこの場に女性がいくことで、マッチがしやすく、そこで恋活をして、恋愛まで発展させて、彼氏を作っている女性が多いと思います。

 

確かにサークルやバイト先でもできない事はないのですが、でも確実性があるわけでもないので、多くはすでに出会いを求めているところの場で勝負している人が多い感じです。

 

でも合コンといっても人集めをしなければいけないし、大変さが頭によぎる人が多いと思いますが、実は今は、合コンをしたい人同士を結びつけるサービスがあって、そのサービスを利用しているわけです。

 

詳しいことは下記の方ににまとめているので、後で確認して下さい。

 

そしてもう一つは、アプリと呼ばれる恋活アプリの利用です。

 

ここで出会いを探して彼氏を見つけている人も多くいます。

 

今は大学生が多く集まる人気のアプリもあるので、それを利用して出会い、上手くいっている女性も多くいます。

 

ただ恋活アプリの場合は、使う前に注意点があるので、その注意点を把握して使うと良いと思います。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る