トップへ戻る

陰口を言わない大学生女子はなぜモテるの?その理由とは?

大学生,陰口,女子

 

モテる大学生女子、必ずどの大学生でも1人以上は、必ずいると思いますが、その共通点の1つとして、陰口を言わないことも共通してきます。

 

女性が悪口を言うときは、特に相手に分からないようなところで陰口をしていることが多いと思います。

 

でも分からなければ良いかというと、そういうことでもありません。

 

自分という本当の人間を知らないうちに、他人からするとイヤな人に映ってきます。

 

自分ではイヤな人だと思っていなくても、普段から悪口ばっかり言っていれば、言葉のはしはしに自然とそう思わせるような事が口に出てきますので、それを察知して男性もあまり近寄らなくなってきます。

 

という事で普段から注意したいのですが、なぜそのようになってしまうか、その心理的なことと、その対処についてまとめています。

 

 

大学生女子で陰口を言う人の隠された心理とは?

 

大学生女子だけには限らないのですが、でも陰口をいう人は増えてきていると思います。

 

でもなぜそんな事をするのか?です。

 

人間的にも男性からもモテない女子の代表となりつつあるのですが、そこに本人が気がついていないところに、とても悲しいところがあると思います。

 

でもなぜ陰口を言うのかですが、このような事が理由になっています。

 

 

  1. 自分に置き換えることができない
  2. 結束力を強めたい
  3. 相手より優位に立ちたい
  4. 自分が正しいと確認したい

 

 

このような事が主な理由になっていると思います。

 

自分の言葉を自分に置き換えることができない

 

これは少し難しいところがあるのですが、人生経験にまだ浅いことが理由です。

 

「自分の言葉を自分に置き換えることができない」という意味は、自分の発言した言葉を、そのまま自分に返したときに、どのように感じるのかという気持ちが欠落していることをいいます。

 

例えばですが「〇〇って超ダサくない!」この言葉を発したときに、自分に向けることができないという意味です。

 

もし自分がそのように言われたときに何を感じるのかです。

 

相手の立場になれない人という方が分かりやすいかもしれませんが、自分が発した言葉を、そのまま自分で感じることができないので、ついつい陰口をたくさん話します。

 

これはその人が悪いというよりも、理解してないのでそうなってしまうので、人生経験がまだ浅いという事が理由の一つになってきます。

 

この場合は、自分が悪口を言われたときの経験がないと、正すのに難しいところがあるかもしれません。

 

結束力を強めたいので陰口を言う

 

これは大学生女子の中ではあるあるだと思います。

 

結束力を強めたいので陰口をいう人も多くいます。

 

女性は特にこの傾向が強いのですが、自分に自信がないのと友達が離れてしまう寂しさから、その結束力を強めるために陰口をいう事で自分に安心感を与えようとします。

 

そして陰口をいって、友達から「分かる!」とか同意の言葉を聞いて安心する事になります。

 

これはすぐに直すこともできなく、人間的に成長しないと、ここを正すのは難しいところがあります。

 

相手より優位に立ちたいので陰口をいう大学生女子

 

そして相手よりも優位に立ちたいので、陰口をいう大学生女子もします。

 

強きな女性に多いと思いますけど「あの人より私の方が優れている!」それを証明したいので「〇〇ってこの間、こんなミスをしたのよ!」と、友達に言っていきます。

 

冷静な男性からすると、良い意味では子供だと感じる人もいますが、モテる女性には映りません。

 

自分はなるべく関わらないようにする気持ちの方が強く働きます。

 

そして恋愛対象から外れていくことになります。

 

よく考えると分かることですが、どちらにしても悪口や陰口をいったところで、本当に自分が優位に立つことはできません。

 

これは大学生に限らずに社会にでても同じことです。

 

 

自分が正しいとを確認したいので陰口を言う

 

自分と相手の意見が合わないと、自分に自信がなくなるので、自分が正しいことを確認するために、陰口をいって自分の方が正しいことを確認しようとします。

 

これも良くある事だと思いますが、ちょっとしたストレスの発散のような感じのところもあります。

 

人間は面白くない気持ちになると、それを誰かにぶつけようとする心理が働きます。

 

一時的なことであれば良いですがけど、普段からそのようになっているのであれば、性格的なことが深く関係していることになります。

 

性格をある方向にするのは、難しいとされていますけど、意識することで変えることができます。

 

どちらにしても男性からはモテない女子のレッテルを張られることになります。

 

友達からある人の陰口を言われた場合の対処

 

自分が陰口を言わない人間だとしても、友達がそうであるケースがあります。

 

友達ですから、その気持ちを理解したい気持ちがあると思いますので、知らないうちに自分がそのような人間に染まっていることがあります。

 

要するに友達の影響で、モテない女子の仲間入りをしてしまっている大学生女子もいると事になります。

 

自分でそれを気がついていれば良いですが、気がついていない人も多くいます。

 

この場合は、相手に合わせつつ1つ良いことを言う癖をつけると悪い方に染まりません。

 

例えば友達が「〇〇ってどう思う?」と、何か陰口をいいたげであれば「確かに〇〇のあの行動はダメだと思う、でも〇〇のここは優れいてる」

 

このように相手に合わせつつ、良いところも1つ言うようなイメージです。

 

こうすることで友達に合わせつつ、さらに自分は陰口女の仲間入りから遠ざけることができます。

 

でもそこを友達にすべて合わせてしまうと、知らないうちに自分も伝染して、モテない大学生女子に近づいていくことになります。

 

自分がもし陰口を言われた場合の対処は?

 

もし自分が他の人から陰口を言われたと気がついた場合です。

 

普通であればイライラをするところもあるかもしれませんが、我慢をするのではなくて、このように思って下さい。

 

モテる大学生女に近づいている!」

 

なぜこのように思うのかとうと、陰口を言われるという事は、単なる妬みであることがほとんどだからです。

 

妬みというのは自分と対等、もしくは格上の相手にそのような感情を抱きます。

 

要するに陰口を言われているという事は、格下という位置や見下されていることになりません。

 

対等や格上という位置で相手が見ていることがほとんどです。

 

まずはそこに自信を持つことです。

 

例えば大学生同士で合コンをしたときに、あなたがもし男性うけをしたとすると、もしライバルになりそうであれば、それが妬みになるわけです。

 

妬みになるということは同等、もしくは格上という見方をしている事になります。

 

そのため後で陰口に変わっていくのですが、これがもしあなたではその男性は「無理」、このような判断をした場合は陰口にもならないわけです。

 

ですので、言われた方が勝ちのようなところもあるわけです。

 

まとめると、陰口を言われていても不快に思うのではなくて、格上に見られていると思った方が良いわけです。

 

仕返しするようなこをしても、イヤな女子になるだけなので、それは避けるようにしましょう。

 

すぐに彼氏が欲しい大学生女子はどうすれば良い?

 

モテる大学生女子になりたいという事は、彼氏が欲しいという裏返しでもあると思います。

 

どうすれば彼氏ができるのか?という事ですが、大学生女子であれば2つの方法がおすすめです。

 

1つがコチラの合コンセッティングサービスの利用、そしてコチラの恋活アプリの利用だと思います。

 

今は密かにこれらのサービスを使ってすぐに彼氏を見つけている大学生は多くいます。

 

特に恋活アプリの利用はとても早く、相手男性の顔をその場で確認することができますので、好みの相手をすぐに見つけることができます。

 

またイケメンも多い傾向にあるのも特徴です。

 

出会いというのはただの過程でしかありません。

 

どこで出会ったというところにこだわってしまう女子もいますが、そこにこだわりを持っても彼氏ができるわけでもありません。

 

自分にこだわりを持って、出会いを積極的に探すことがすぐに彼氏を見つけるための秘訣でもあります。

スポンサードリンク

トップへ戻る