トップへ戻る

大学生と社会人のカップルは続かない傾向にある理由と回避策

仲の悪いカップル

 

大学生女子、または社会人の彼氏、またこの逆のケースもありますけど、大学生と社会人のカップルは、関係が続かない傾向にあります。

 

同じ環境化でない事が一番の理由などになってきますけど、でも中には仲良くしているカップルもたくさんいます。

 

なぜ上手くいくのか、そのルールや上手くいくコツ、また彼氏の本音など、男性が何を考えているのかのヒントを記載しています。

 

せっかく出会いがなったのに、そのまま分かれてしまうのも勿体ないと思います。

 

また異性を探すとなると、それなり大変なところがありますが、続きずらい理由と、そして長続きされるポイントなどについてまとめています。

 

 

大学生と社会人のカップルが続かない理由とは?

 

大学生と社会人のカップルはなかなか続かないと言われています。

 

それはいくつかの理由から考えられます。

 

まず大きな問題としてライフスタイルが異なることが挙げられます。

 

一般の会社勤めである場合、社会人の朝は早く、勤務中も集中して仕事を行い気を抜くことは出来ません。

 

早くても17時、18時まで仕事は続き、残業になることもあります。

 

また、付き合いなどで飲み会も増え夜も連絡がつきにくい状況になることも増えます。

 

もちろん大学生も朝から授業があったりすることはありますが、授業の空き時間等ある程度時間に余裕を持つことができますし、単位に余裕があれば授業を休むこともできます。

 

そのような二人がカップルになると社会人は自由に見える大学生に時に苛立ちを感じ、一方で大学生は時間がないといってなかなか会えず、連絡も気薄になっていき二人の時間が減ることに不満を覚えます。

 

また、金銭面の価値観の変化も理由になるでしょう。社会に出ることによりお給料やボーナスで社会人はお金に余裕ができます。

 

大学生もアルバイトをして稼ぐことは可能ですが、社会人の給料には及びません。

 

ここは社会人が大学生に合わせたり、奢ったりすることで喧嘩を避けることができますが、毎回そうなりますと自分が我慢しているという不満の反動からお金のかかるお店や遊びへ傾いてしまい、金銭面で大学生がついていけなくなることもあります。

 

そういった些細なことから喧嘩が増えてしまい別れへと発展してしまうのです。

 

 

大学生と社会人のカップルの間で守りたいルール

 

大学生と社会人のカップルで守りたいルールとしては、まずデートの時間を社会人に合わせるということです。

 

学生は受講する講義を自由に設定できますが、社会人は全て会社やお客様に合わせて行動します。

 

なので、当然勤務時間は会えないにしても仕事終わりも取引先の人と飲み会などが発生するかもしれません。

 

このような交流を断ってばかりいると印象が悪くなりますし、チャンスを逃してしまいます。

 

このような学生との違いを十分に理解してデート時間を決定する必要がありますし、もし急に予定変更をしても怒らない寛容さが学生側に求められます。

 

社会生活は多くのストレスがあり、毎日疲労困憊になりながら働いている方も多いので、余計なストレスを与えないように配慮しなければいけません。

 

睡眠時間も明日の活力を補う為の重要な時間なので、深夜までメールや電話をしないルール作りが重要です。

 

また、仕事の話をし過ぎない点も大切です。仕事の愚痴を話してストレス解消する程度であれば良いですが、企業秘密やプロジェクトに関わる話はいくらカップルとは言えど無暗に話してはいけません。

 

わざと情報を漏らすのは言語道断ですし、どこから情報が漏れるか分かりません。SNS等でうっかり会社の情報を発信してしまい、大問題になるケースもあります。

 

基本的に社会人に合わせることが大切ですが、カップル間で不公平が生まれないように学生側への配慮も忘れてはいけません。何事もバランスが重要です。

 

 

 

大学生と社会人のカップルが上手くいくコツとは?

 

大学生と社会人とでは、生活のリズムが異なるのが一般的です。

 

両者がカップルとして付き合っていくには、違いを理解して工夫する必要があります。

 

たとえば、先程話したように、デートのスケジュールを決めるときも注意しなければなりません。

 

一般的には大学生の方が時間的には余裕があります。大学生同士のカップルであれば、講義のない平日に出かけることも多いです。

 

しかし社会人は、基本的には休日にしか出かけられません。

 

それどころか休日出勤が当たり前の職業もあるため、デートができない期間が続くこともありえます。

 

なかなかデートができないことに不満を持つと、付き合い続けるのは難しいです。

 

上手くいくためのポイントは、会う機会が少ないからこそ、スケジュールを考える段階からしっかり楽しむことです。

 

金銭的な余裕は大学生より社会人の方があるので、内容の濃いデートを計画しやすいというメリットがあります。

 

無暗に何度も合うのではなく、印象に残るデートができるように心がけましょう。

 

相手を束縛したり嫉妬したりしないことも大きなポイントです。

 

社会人になると職場の飲み会がありますし、大学生にはサークルや部活動の飲み会があります。

 

前者は仕事をするうえで欠かせないことですし、後者も円満な学生生活を送るうえで必要です。

 

飲み会には魅力的な異性が出席する可能性もありますが、それを理由に制限を強いるとお互いのためになりません。相手を信じて尊重する姿勢を持つことが重要なポイントになります。

 

 

大学生の彼女に言いづらい社会人彼氏の本音とは?

 

はつらつとした大学生は社会人から見ると魅力的なもの、実は彼女が大学生ですと周りに明かせば羨ましがられることは間違いないでしょう。

 

しかし、交際してみると社会人と大学生のカップルは気持ちがすれ違うことがありがち、大学生の彼女に言いづらい社会人彼氏の本音もチラホラ見えてきます。

 

彼氏は学生ではなく既に社会人、彼女も大切ですが今後の人生を考えると仕事に重点を置かなければならないことは多いでしょう。

 

毎日会いたいと言われても仕事が忙しければそれどころではないこともあるはず、電話やメールも仕事中ならそう頻繁に返事を返すこともできません。

 

また、平日は仕方ないにしても休日は必ず会いたいと彼女が言っても、たまの休みなのだから体も心も休めたいと思うこともあるはずです。

 

嫌われるのが怖くて無理すれば、体力も気力も回復できなくなるかもしれません。

 

また、実家暮らしではないなら金銭感覚もシビアになり、アルバイトで稼いだお金を好きに使っていた学生の頃とはお金の使い方も違ってきます。

 

生活があるのだから今月はもう余裕がないということ、彼女が悟ってくれないかなとヒヤヒヤすることもあるかもしれません。

 

こちらは会社の付き合いで仕方なく飲み会に参加しているのに、自分を放って遊びに行っていると勘違いして拗ねる彼女をなだめるのもウンザリするということもあるでしょう。

 

べったりといつも一緒に居たいわけではない、ある程度の距離を持って交際したいし自分が社会人であることを理解して欲しいと、社会人彼氏の本音はそんなところでしょう。

 

関連:社会人が恋愛対象に大学生女子に求めることと本音

スポンサードリンク

トップへ戻る