トップへ戻る

大学生男女が知りたい恋活アプリで付き合うまでの流れ

スマートフォンを操作する女性,恋活アプリ

 

恋活アプリで付き合うまでの流れや期間はどうなっているのか知りたい大学生に、その内容について解説しています。

 

これは学生だけに限らず、社会人でも同じことですが、これから出会いを恋活アプリ、またはマッチングアプリを使うときに役立つと思います。

 

実際に知らないで使った方が、自分で感覚のようなものがつかめるので、そちらの方でも何ら問題はないと思いますけど、でも流れのようなものを把握しておくことで、次に何をしなければいけないのかが見えてくると思います。

 

何でもそうですけど、計画性を持って行動するのと、しないで行動するのでは、かなり最後の方が変わってくると思います。

 

これは今の大学の勉強でもそうだと思いますけど、授業の流れのようなものを知っているので計画を立てて行動する事ができます。

 

でも知らないと先の予測が難しくなってくるような感じです。

 

という事で、どのような感じになっているのか、男性と女性にも共通する内容でまとめています。

 

 

恋活アプリで付き合うまでの基本的な流れとは?

 

最初に恋活アプリやマッチングアプリで、付き合うまでの基本的な流れについてです。

 

恋活アプリは、直メールタイプとマッチングタイプと分かれますが、どちらにしても流れのようなものは、あまり変わりはありません。

 

まとめると、このようになります。

 

 

  1. 会員登録
  2. プロフィールの作成
  3. 検索
  4. 年齢認証
  5. メールをする
  6. デートの約束
  7. 連絡先交換
  8. デートをする
  9. 告白

 

 

こんな流れになっています。

 

恋活アプリで付き合うまでの流れ@会員登録をする

 

これは最初に必ず必要になるものですが、最初に会員登録をしなければいけません。

 

これはスマートフォンとその利用する恋活アプリの紐づけのような事なので、名前が必要になるとか、住所が必要になるとかはありません。

 

必要なのは、その出会いアプリによって変わってきますけどこのような感じです。

 

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • Facebookアカウント
  • Twitterアカウント
  • Googleアカウント
  • Yahooアカウント

 

大体このどれかで登録ができるようになっています。

 

ほとんどはメールアドレス、電話番号、Facebookアカウントとなっています。

 

今は「Facebookアカウントのみ」このようなものも多くなってきたので、もし持っていないようであれば、すぐに作ることができますので、最初に作成しておいた方が、流れがスムーズになると思います。

 

どちらにしてもメールアドレスは必要になるので、必要になる意味は、そのメールにお知らせが届くようにもなるからです。

 

例えば「あなたに興味を持っている人がいます」とか「あなたにいいねされました」とか、そのようなお知らせをする意味からメールアドレスは必要になってきますので、メールアドレスは必要になってくると思います。

 

この登録のときに地域や年齢などの簡単なプロフィールを作成するような感じで、次に進んでいくことがほとんどです。

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れAプロフィールの作成

 

そして登録が終わればプロフィールの作成をします。

 

これはまだ本登録をしているわけでもないので、相手にメールをする手前までの事は、男性も女性も使うことができますから、どのくらの反応があるのか、どんな相手がいるのかとか、試しに使ってみる意味でプロフィールを作成しておきます。

 

ここでこのプロフィールを飛ばしてしまうと、名無しの権瓶のような感じで、その恋活アプリの検索に載ってしまう事になります

 

どの出会いアプリも新しい人は、検索の最初に表示される事が多いので、かなり注目度が集まります。

 

でも何も記載がないと、そのままスルーされてしまう事になるので、写真を載せなくても、中身のプロフィールだけは完成させておきます。

 

ほとんどは選択式なので、出身地、身長、体系など、それぞれ選択して選んでいくだけになっています。

 

記入するところは自己PRぐらいになっていますから、飛ばしても構わないのですが、できるだけ埋めておくようにします。

 

そうすることで、本格的に使ったときの反応を予測する事ができます。

 

できれば顔写真1枚あると、本当の反応が分かってベストだと思います。

 

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れB検索をする

 

これはどんな人がいるのかは探すという意味で、必ずどの恋活アプリにも検索機能というものがついています。

 

これがないと、全国の何十万、何百万人という人を相手にする事になるので、大変な事になります。

 

大体は自分の住んでいる地域にチェック、そして好みの年齢の範囲、例えば大学生であれば「18歳〜23歳まで」のような感じで、チェックをして検索をすると、その条件に合った人が表示されるようになります。

 

さらに絞りたい場合は、職業のところに学生検索がついているものもありますので、そこにチェックをして探すと学生ばかりが表示されるようになります。

 

社会人であれば、年齢や地域ぐらいで、そのままでも良いと思います。

 

そして気になる人がいれば、その人の詳細プロフィールを見ることができますので、その人と接点を持ちたいのかどうかの選択をしていくだけです。

 

ただここからは、メールの機能を使っていく事になるので、男性も女性も本登録が必要になってきます。

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れC年齢認証が必要になる

 

これは共通していますけど、メールをするところからは、年齢認証が必ず必要になってきます。

 

このサービスはどれも18歳未満は利用できませんので、その確認が必要になってくるわけです。

 

例えば免許証、マイナンバー、パスポートなど、公的な書類での確認になります。

 

その確認が運営側の方でされないと、メールの機能が使えなくなっているわけです。

 

そしてその認証が終わるとメールができる事になるのですが、ここで男性と女性のサービス内容が少しだけ変わる事になります。

 

女性の場合は、そのまま無料で利用できますが、男性の場合はマッチングタイプのアプリであれば、1ヶ月の料金の支払いが必要になっています。

 

詳しいことは大学生が恋活アプリを使う前に知っておきたい選び方についてを参考にすると分かると思います。

 

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れDメールをして仲良くなる

 

そして年齢認証が終われば、気になる相手とメールの交換ができるようになります。

 

これはマッチングタイプのアプリであれば最初にマッチングという事が必要になってきます。

 

例えば「気になる相手と接点を持ちたい」という事であれば、その方に「いいね」をしなければいけません。

 

「いいね」すると、相手もそれに気がつきますので、そして相手も「気になる」という事であれば、その「いいね」が返されてマッチングが成立した事になります。

 

そこで初めてメールの交換ができます。

 

挨拶をして好きなことを話していくような感じです。

 

ただ、好感度の高いメールをしたいという事であれば大学生!恋活アプリのメッセージのコツを知りたい!の方で好感度の高いメールをする事ができると思います。

 

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れEデートの約束をする

 

そして恋活アプリで付き合うまでの流れ6番目ですが、メールをしていくうちに「会ってみたい」となれば、今度はデートの約束をする、またはされる事になります

 

約束をする期間はアンケートを実際に取ると、みなさん1週間ぐらいの間になっています。

 

すでに「お付き合いしたい」という場になっているので、お付き合いできる相手なのかどうなのかの判断をするために1週間ぐらいでみなさんデートをする流れになっています。

 

ただここは相手によるので、もっと話してからでないと不安に感じる人もいる事は確かな事なので、ここはその時の感覚で設定すると良いと思います。

 

ただ、メールでは、どこまでいってもバーチャルな世界ですから、会って話をした方が早いと思います。

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れF連絡先交換をする

 

恋活アプリで付き合うまでの流れ7番目の連絡先交換ですが、これは人によりけりです。

 

デートの約束をしても、相手の都合もあるので、その週に約束をしても、次の週になる事がほとんどです。

 

会うまでには大体2週間ぐらいのような感覚で、でもその間は会えない事になるので、連絡先交換をする人も多くいます。

 

LINE交換、またはメールの交換です。

 

そこでさらに仲を深めるような感じでしている人の方が多いと思います。

 

でも連絡先交換しないで、そのまま出会いアプリのメール機能で、そのままメール交換する人もいます。

 

ただ後々成功している人の傾向では、ここでLINEなどを交換している人の方が多いと思います。

 

最悪LINEであればブロックをする事もできますので、そうしている大学生も社会人も多いと思います。

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れGデートをして楽しむ

 

そして7番目ですが、約束の日時に待ち合わせをして、デートを楽しむ事になります。

 

すでに仲良しの感じなので、普通のカップルがするようなデート内容になる事も多いと思います。

 

これは相手の話し合いできまると思いますが「行きたいところに行く」損な感じだと思います。

 

カフェや飲食店などにいく人も多いと思います。

 

中には水族館や動物園など、行く人と色々です。

 

ただ最初はどうなるか分からないので、軽めのところにしておいて、そして2回目会うときにメインになるような場所にすると良いと思います。

 

会ってみて「折が合わない」となれば、せっかくのデートも白けたものになってしまうので、1回目のデートは軽めの方がおすすめです。

 

でもここはメールでの親密度になってきますので、そこに合わせると良いと思います。

 

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れH告白をする

 

そして、恋活アプリで付き合うまでの流れで最後になる、一番大事になってくるのが告白をする、告白されるです。

 

ここもみなさん色々な意見があるのですが、男性は3回目ぐらいのデートで告白する人の方が多いと思います。

 

女性はちょっと遅めの希望で、5回目ぐらいが理想している人が多い感じです。

 

ここは男性と女性では、ちょっとしたズレがある事になりますが、平均すると4回目ぐらいが丁度良いのではないかと思います。

 

ただ実際にデートをすると分かると思いますが、1回目のデートが終わっても、それからまたメールなどでコミュニケーションをしていく事になります。

 

5回目となると、かなりの期間話さなければいけなくなるし、お互いも話す事がなくなってくると思います

 

これも人によりけりですが、理想が4回目、早ければ3回目、そんな感覚だと思います。

 

でも回数ではなくてお互いの気持ち次第になってきますので、好きであれば告白する、でなければしない、自分と相手の気持ちを合わせる事が大事になってきます。

スポンサードリンク

トップへ戻る