トップへ戻る

恋活アプリで失敗する大学生の共通点とその対策方法について

考える男性

 

出会いを探しに恋活アプリの利用、今人気のある場として、多くの大学生が使っていますが、でも中には失敗してしまう人もいると思います。

 

何が失敗なのかは、その人が感じる事になりますので、これは意見も色々です。

 

マッチングについて、選んだ出会いアプリのこと、メールのこと、デートのお誘い、デート中のこと、告白のことなど、お付き合いするまでの過程で、何かしらのマイナスポイントになるような事があるかもしれません。

 

でもこれは実際に使ってみて、自分で試してみないと、どこまでいっても分からないことで、結局は最後に相手とお付き合いできれば、それで結果オーライという事になります。

 

でもなるべくであればお付き合いするまでは順調に!このように願う人の方が多いと思います。

 

そこで恋活アプリを使って、失敗しなたいめのポイントについてです。

 

 

大学生が恋活アプリで失敗しないための基本的なこと

穴に落ち込むパンダの絵
これは大学生という事ばかりでもないのですが、社会人も同じく共通することなので、これから話す内容については、しっかりとポイントを抑えておいた方が良いと思います。

 

ただ間違いなく、異性との接点を持つことができますので、続けていれば普通にお付き合いできそうな人が見つかる可能性があるのが、恋活アプリの利用です。

 

出会いからお付き合いまで、時間がかかるのか、それともかからないのか、それだけの差だと思います。

 

でもなるべくであれば、ダラダラと後になってしまうのは、誰でもイヤだと感じるはずです。

 

大学受験で失敗、でも何度でもチャレンジは可能、確かにそうかもしれませんけど、そこはなるべく避けたいところだと思います。

 

遠回りが要するに失敗した事になってきますので、そうならないためのポイントについてです。

 

 

大学生は恋活アプリの選び方で失敗することも多い

 

一番多いのがコレかもしれません。

 

これは社会人もそうですが、恋活アプリの選び方で失敗するケースが多いと思います。

 

今はとても多くなるので、適当に使っている人、または「人気」この言葉に惹かれて利用している人、または自分の感覚で選んで使う人と、色々なパターンがあるのですが、その利用する出会いアプリによって、特徴が異なりますので、そこを抑えて使っていない人が多いと思います。

 

まず自分の目的をハッキリとさせなければいけないのですが、どこの基準を置くのかです。

 

多分「出会いたいから」ここに基準があると思いますけど、もう少し踏み込んでいくと選び方の失敗が少なくなります。

 

 

今の出会いアプリは大きく3つに分かれます。

 

 

  1. 恋活アプリ
  2. 恋活・婚活アプリ
  3. 多目的のアプリ

 

この3種類です。

 

  • 恋活アプリとは?

恋活アプリとは、恋愛活動のために向けられたアプリという事になってきます。

 

出会いを中心としたもので、そして恋愛をして下さいという内容のものです。

 

とてもシンプルな目的になっていて、恋愛を中心とした大学生におすすめできるものです。

 

  • 恋活・婚活アプリとは?

これは婚活の要素もあるアプリという意味です。

 

人が出会いを求めるときに「お付き合いをする人を探したい」という人もいますが、年齢によって「結婚も視野している」そんな目的の人と分かれます。

 

大学生であれば、まだそこまで意識している人は少ないかもしれませんけど、社会人になってくると、その要素が強くなってきます。

 

さらに20代後半や30代ぐらいになると、さらにその結婚希望の男女が増加してきます。

 

その要素もある出会いアプリという事になります。

 

プロフィールにその結婚についての項目が多くなり、婚活にも使うことができるという内容です。

 

  • 多目的の恋活アプリとは?

これはカラオケに行く人を見つけたい、食事だけを楽しみたい、友達がほしい、メール友達がほしい、彼氏や彼女がほしい、結婚をしたいなど、多目的で利用できるアプリの事です。

 

出会いの目的の数を増やした構成になっていて、色々な目的で利用する事ができます。

 

中にはオススメできるものもあるのですが、初めて使う人には、基本的にはあまりオススメする事ができません。

 

彼氏や彼女がほしい以外の目的で使うのであれば、抜擢する事になりますが、恋活の出会いを中心した場合は、ちょっとだけ難易度が上がってきます。

 

そこの恋活だけの目的で利用している人ばかりでもないからです。

 

出会い、恋愛を求めるのであれば、恋活、もしくは恋活・婚活アプリがおすすめになります。

 

 

 

恋活アプリの年齢層を知らないで失敗する事も多い

 

これも大学生でばかりでもありませんけど、利用する年齢層を知らないで失敗する事もあります。

 

恋活アプリによって、中心となる年代は変わってきます。

 

中高年がメインになっているもの、20代がメインになっているもの、学生が多いものなど、その出会いアプリによって変わってきます。

 

それを知らないで選んでしまうと、遠回りをしていく事になります。

 

ここはまず自分が目的する人がどういう人なのかを先に決めておかないと適当なものを選んでしまう事になります。

 

学生も多く集まっているものを使いたいのか、それとも社会人が多く、20代がメインになっているものを使いたいのか、それとも両方ともほどよく混ざっているアプリを使いたいのか、それとも年上の30代ぐらいの人を探しているのか、ここの好みによって、有利になる恋活アプリは変わってくるということです。

 

年上をメインにしていないのに、年上ばかり、こうなると失敗というか遠回りをする事になります。

 

自分に合ったものを見つけるには、年齢層、自分が求めるターゲットをしっかりと抑えて、そして選んでいかないと、成功から遠くなってきます。

 

 

 

恋活アプリを選びすぎて失敗する大学生も多い!

 

そして選びすぎて失敗するケースも多くあります。

 

これも大学生ばかりでもなく、社会人でも同じです。

 

今の恋活アプリは、電話番号、メール、Facebookアカウントがあれば、簡単に登録ができるものばかりです。

 

でもこの登録は、本登録を意味するものではなくて、お試し期間のような登録の事になりますので、メールをする手前までしか使うことができません。

 

ですので、中身を確認してから本登録という流れになっています。

 

でもここを誤解してしまい選び過ぎて、他のものを比較ししないで使ってしまう大学生、または社会人の方が多いと思います。

 

気になるものにはまずは登録、そして検索機能なども無料で使うことができますので、まずは気になるものに登録をして、実際に操作する事が恋活アプリで失敗しない大きなポイントになってきます。

 

好みとなる相手がいそうなのか?そんな事を比較していき、見定めてから使う事で遠回りをしないで済むようになります。

 

 

恋活アプリではプロフィール写真を載せないと失敗する!

 

そしてここも結構多いのですが、プロフィール写真を載せないで失敗する人もいます。

 

プロフィール写真というのは、入り口になるところで、その入り口がない人もいます。

 

見えない入り口には、誰も入ろうとはしませんので、そのままスルーされる事の方が多くなってきます。

 

確かに写真を載せることは恥ずかしいかもしれません。

 

でも人が集まるところには、必ず顔を見せることになります

 

学校もそうだし、社会人であれば職場内、バイトでもそうだし、サークル、合コンでも同じことで、まさかお面をして合う人はいないと思います。

 

たくさんの人が集まっていますので、自分の存在なんて、そんなに大した事でもありません。

 

でも写真がないと、マッチング率が極端に下がりますので、これも遠回りをしてしまう事になります。

 

無しでも良いのですが、その場合は、しっかりとその対策をしておかないと、誰からも声がかからなくなるし、また出会いまでは遠くなってきます。

 

下記にそのヒントになる事を記載しています。

 

 

 

恋活アプリのメールで失敗する人も多い?

 

そして初めて使う人に多いのですが、メールをどうすれば良いのか分からない人もいます。

 

この場合は、普段しているメールに、敬語をつけたような感覚でメールをするだけでOKです。

 

多分、相手とするのは、かけ離れた存在でもないと思います。

 

学生であれば、学生同士とのメール、または同年代の社会人、そんな人との距離間になるので、普通に敬語を最初はつけてメールのやり取りをするだけで良いと思います。

 

でも変に緊張してしまい、普通の事ができなくなってしまう人も多くいます。

 

そして何をメッセージすれば良いのか分からないという人もいます。

 

ここは最初は思いつくことをメッセージするだけも良いのですが、好感度がある内容にしたいという事であれば、下記にその方法をまとめているので、参考にして下さい。

 

 

 

恋活アプリでデートができなく失敗する大学生もいる

 

そして男性側、これは女性側にもちょっとだけ意識してほしいのですが、デートのお誘いをしないで失敗する大学生もいます。

 

上手く誘うポイントが分からなく、そのままただメールをしてしまい、そして相手に愛想を疲れてしまう、そんな事もあります。

 

これは仲良くなってから誘うことがポイントで、会ってみたいという気持ちになっていから、その旨を伝えるだけでOKです。

 

早い人でその日、大体は2日から遅くても1週間以内ぐらいでお誘いしている事が多いと思います。

 

平均すると会うまでは、大体は2週間ぐらいになりますが、仲良しになっているのに、いつまでもそのままにしてしまうと、相手は「自分の事に興味がないかも」そんな事で、離れていってしまいます。

 

これは相手女性にもよりますが、1ヶ月とか3週間もして誘うとなると、相当話しのネタがないと、続かないと思います。

 

まずは会ってデートをする、そんな感覚でも良いと思います。

 

あまりにもお誘いが遅くなりすぎると、会えないまま失敗をしてしまう事になります。

 

女性側で、もしそんな男性に当たった場合は、コチラから話しの流れで「行ってみたい」や「見たみたい」など、相手男性が誘いやすいメッセージをする事で、男性も誘いやすくなってくると思います。

 

 

実際に会ってデートで失敗するケースもある

 

そして実際に会って、デートで失敗するケースもあります。

 

これはしょうがない事でもありますけど、自分が思っていた人と違った、または何を話せば良いのか分からない、告白に失敗したなど、これも色々とありますが、もし異性との接触に自信がないのであれば、最初はカフェなどの、すぐに話しを切り上げることができる場所を選ぶと良いと思います。

 

最初から普通のカップルのような場にしてしまうと、その場を持たせること自体ができなくなってしまう事もあります。

 

ここについては、異性との「慣れ」でしかないのですが、最初に軽めのところに設定しておくのも、ちょっとしたポイントになってきます。

 

ただ、会うまでに、それなりにコミュニケーションをしているはずなので、そんなに多くの失敗は、ここではないと思います。

 

告白までは、大体3回目〜5回目ぐらいで告白している人が多いと思いますけど、これには正解がありません。

 

相手があっての事なので、その相手が受け入れてくれるかどうかが、一番のポイントになってきます。

 

 

恋活アプリでは高望みをしてしまい失敗することもある

 

これも大学生だけに限りませんけど、いつの間にか高望みになってしまい、失敗する事もあります。

 

とても多くの人がいるのと、すぐに異性との接点を持つことができる安心感から、どんどんと望むものが大きくなってしまう人もいます。

 

よりこだわりを持つような感じです。

 

今までは身長などもあまり気にしていかなったのが、身長はこれぐらいないといけない、通っている大学は、ここでないとイヤだ、体系は細見が良いなど、色々と注文が多くなってくる事があります。

 

こうなってしまうと、相手の見方が厳しくなってきますので、中々お付き合いをするところまでいかなくなる事もあります。

 

人間の欲は、どこまでいっても果てしないですから、ここは自分の気持ちのコントロールになってきますけど、初心を忘れないようにする気持ちが大事になってきます。

 

見た目も大事ですけど、やはり中身が一番大事になってくると思います。

 

それを知るには、相手とコミュニケーションをしてみないと分からない事で、そして相手の良いところを見つけるような感覚で接していくと良い出会いがあると思います。

 

 

恋活アプリで失敗を回避して成功するポイントまとめ

 

恋活アプリで失敗を回避して成功するには、上記で話した通りになりますが、いくつかの大事なポイントがある事が分かると思います。

 

そこを誤解しなければ、出会いからお付き合いまでは、そんなに難しい事でもありません。

 

自分自信が難しくしてしまっているケースが多く、そこさえ理解すれば、誰かとは必ず接点を持つことができるはずです。

 

まずは行動、チャレンジしてみる事だとても大事になりますので、この行動力がある人は、早くに恋愛まで発展すると思います。

スポンサードリンク

トップへ戻る