トップへ戻る

恋活アプリでデートから告白まで失敗しないためには?大学生編

腰を掛けて並んで座るカップル

 

インターネットって、とても便利で、今はこのネットからすぐに出会いを探せるという事で、大学生にも人気があります。

 

スマホ一つで、異性を探すことができますので、これだけ便利なものは無いと思います。

 

実際に多くの方が、ここで出会い恋愛をして、そしてカップルになっているわけですから、でもこれから使う人は、どうなるのかの予想がつきにくと思います。

 

そして問題はデートをして告白するまでです

 

これが達成できないと、また振りだしに戻ってしまう事になりますので、ここのポイントを知りたい学生は多いと思います。

 

マッチングをする、メールをするまではトントン拍子、でも実際に会って、そこから続かないという人もいる事は確かな事です。

 

そこで今回、どうれば最後のゴールまでいく事ができるのか、そこのポイントについてまとめています。

 

女性もそうですが、男性側の方が注意しなければいけないところは多いと思います。

 

 

大学生が恋活アプリで初デートする前の準備とは?

カップルが待ち合わせ場所で会う様子。

 

いよいよ念願の初デート、初めてであれば、会う事への期待感と同時に、緊張感と不安感を感じる人も多いのですが、まずは何をしなければいけないのです。

 

ここでしっかりと準備しておくことで、後々につながることになりますけど、ここの準備が不足すると、後々失敗する事の方が多くなるかもしれません。

 

初デートはそれだけ大事になってきますので、ここが上手くいかないと、2回目も3回目もないと思った方が良いかもしれません。

 

具体的には、このような準備になります。

 

 

  1. デート場所やプランの下調べ
  2. デート代をどうするのか決めておく
  3. 着ていく服装のチェック
  4. エチケットの準備
  5. 今まで話したことのチェック

 

 

これだけ準備しておけば、1回目の初デートで、そんなに困ることはないと思います。

 

でもこれをしないで無計画に挑むと、失敗しやすくなる傾向にあります。

 

どのような事なのか、解説していきます。

 

 

デート場所やプランの下調べななぜ必要なの?

素敵なカフェの画像

 

デート場所やプランの下調べななぜ必要なの?という事ですが、これは遅刻しないためと、会話のため、そしてその日の初デートを円滑にするためです。

 

いわゆる「イベント」と考えると分かりやすいと思います。

 

学校でも学際のようなイベントがあると思いますが、デートというのは、そのイベントの事になります。

 

ここを何も考えないで、当日いきなり挑むと、どうなるのかというと、ミスをしてしまいやすくなります。

 

 

  • 遅刻しないためとは

場所は決めたは良いけど、当日になって場所の間違いは良くある事です。

 

毎日行っているような場所であれば、問題はないと思いますけど、たまにという事であれば、風景も変わっている事もあるし、目印になるところもなくなっているかもしれません。

 

また電車やバスとの乗り継ぎなども変更されていることがあります。

 

それを確認しないで、当日になって自分の記憶通りに行っても、約束の場所までいけないで遅刻してしまう事もあります。

 

遅刻すれば、それだけで相手から減点になってきます。

 

好スタートをきる事ができなく、マイナスからのスタートになってきます。

 

  • 会話のためとは?

これはデートをする場所の情報をチェックしておくことで、その場の話しができるので、話しが噛み合いやすいくなってきます。

 

とても自然のような感じになるので、相手も聞きやすくなってきます。

 

例えばどこかの飲食店にいくのであれば、そこで人気のメニューなどを調べておくことで、その場の話しに弾みをつける事が出来ます。

 

どんな小さいことでも良いので、知っておくことで、その場にあった話しになります。

 

例えば「ここは〇〇が人気みたいだよ」と伝えるだけでも距離間が変わってくる事になるし、それだけでも会話が成立します。

 

でも店員に「ここの一番の人気はなんですか?」と聞いてしまえば、それだけの事になってしまいます。

 

そのための下調べになります。

 

  • 初デートを円滑するためとは?

恋活アプリからの出会いは、普通と違い、最初にコミュニケーションをある程度してから会うことになります。

 

そのためある程度気のしれば仲になっているので、デートは普通のカップルがするような場になる事が多くなると思います。

 

そうなると、カフェだけでさよならというよりも、その後にまたどこかにでかける事も多くなります。

 

でも次の場所をしっかりと調べておかないと、そこで道に迷ったりして情けない姿を相手に見せる事になります。

 

これも減点になってきますので、初デートを円滑にするためにも、しっかりと下調べをしておくことが大事です。

 

迷ってスマホに頼るのもあまり良くないと思います。

 

どれだけ大事な相手なのかを考えると、自然にできる行動だと思います。

 

デート代をどうするのか決めておく

テーブルに並ぶ2つのアイスコーヒー

 

これは大学生もそうですけど、社会人でも良くあることで、デート代を直前になってから決めてしまう事が多いと思います。

 

恋活アプリの中には、デート代についての項目を用意しているものがあるので、まずはそこの確認をしなければいけません。

 

ここもしっかりとしておかないと、相手との溝が生まれる事になります。

 

ある意味重要なところになります。

 

恋活アプリの項目ではこのようになっている事が多いと思います。

 

  • 男性がすべて支払う
  • 男性が多めに支払う
  • 割り勘
  • 相手と相談

 

ほとんど、このような項目になっているので、ここを確認しないで当日になってから決めてもしょうがないという事です。

 

相手が割り勘を望んでいるのであれば、相手も負担をしてくれると思います。

 

でも恋活アプリの方で、男性が多めに支払うなどにチェックがついていれば、ここですれ違いが起こるという事です。

 

でも大体の女性は、男性が少し多めに支払ってくれる事を、どこかで望んでいることが多いと思います。

 

ここをどうするのかをしっかりと決めておくことで、初デートが円滑になってきます。

 

デートは服装チェックも入るので大事になる

 

そしてデートと言うと、おめかしという事になりますが、これはあまり派手にならなく、やわやかな感じであれば、それでOKです。

 

あまりにも決めすぎてしまうと、何か誤解を与えてしまう事になるので、ちょっとだけおめかしをする程度でも問題はありません。

 

女性も同じくあまり派手にすると、男性が一緒に歩いていて、恥ずかしくなってきます。

 

これから何回も会うことにもなってくるかもしれませんから、あまり力を入れ過ぎないことがポイントです。

 

 

デートでは臭いのエチケットの準備は必須

 

これは男性側の方が注意しなければいけないところですが、口臭や体臭のエチケットです。

 

初めて会うという事は、それなりに緊張をしますので、そこ時にお口の臭いが強くなりやすくなってきます。

 

これは出かける前にしっかりと歯磨きをしたから防げるものではなくて、生理的な事から発生してきます。

 

緊張で口の中がカラカラになると、ひどい口臭になる事があります。

 

そして夏場になると、出かける前にシャワーなどをしても、汗から体臭がきつくなる事があります。

 

男性は臭いが強くなりやすいですから、この口臭と体臭のエチケットをは必須です。

 

専用のエチケットグッズを揃えておくことで、万が一に備えることができます。

 

この臭いだけで、すべてを台無しにしてしまうくらいの破壊力がありますので、大学生もそうですけど、男性は特に注意が必要です。

 

 

恋活アプリで今まで話した事のチェックをしておく

 

そして今まで恋活アプリを通じて、話したことをチェックしておきます。

 

今までメールのやり取りをしてきたわけですから、相手がどのような事に興味があるのかなどのチェックをしておかないと、また会ってから同じ質問をしてしまう事があります。

 

これでは今までメールでしてきた事が台無しで、相手はまた同じことを話さなければいけないという事で、印象が悪くなってきます。

 

今まで上の空で聞いていたんだ!」と思われてしまえば、それだけで今後の会話と交流が難しくなってきます

 

こういう小さな積み重ねが、次に続かないや、告白をしても上手くいかないという事になってきますので、しっかりと1回目のデートの時は、相手のプロフィールやメールの内容をチェックしておくようにします。

 

ここで何を話すと良いのかを、ある程度決めておくことで、話しに困ることがないと思います。

 

下準備がとても大事になってきます。

 

 

 

2回目のデートで大学生が失敗しないためには気を抜かないこと

遊園地にいる若いカップル

 

続いて、2回目のデートで失敗しなたいめの対策についてです。

 

もし1回目の初デートで上手くいけば、2回目もある事になります。

 

いかに最初が大事になるのか?という事になりますが、ここまでくると起動に乗るような感じで、今後も上手くいきやすくなります。

 

最初でお互いが探り合いをしながら仲良くなってきますが、ここからはかなりオープンな状態になってきます。

 

かなり距離間も近くなってきますけど、でも気を抜くと、ここで終わってしまう事なります。

 

 

大学生が2回目のデートまで注意することとまとめ

 

 

では恋活アプリで知り合い、そして初デートがクリアさら、2回目までにどのような事を注意しなければいけないのです。

 

ここが成功すると、告白まであと少しという事になります。

 

 

 

  1. 2回目のデートの約束をする
  2. メールでフォロー
  3. 恋活アプリには接続しない
  4. さらに密な場所にする
  5. 恋人同士でない事を自覚する

 

 

という事が大事なポイントになってきます。

 

 

2回目のデートの約束をするとは?

 

これは1回目のデートが終わった時点での話しです。

 

普通は、また日を開けて約束をする事が多いですが、でもこれでは冷めてしやすいのと、またその初めてのデートでの印象を探ることが難しくなってきます。

 

後で探ろうにも、聞きづらくなってきますので、1回目のデートが終盤になり、帰宅直後に、ここで2回目のデートの約束をしてしまいます。

 

ここで、どのような反応をするのかで、初回がどうであったのかの本音が見えてきます。

 

もし次にも前向きな話しであれば、これは1回目が成功した事になりますが、もし反応が良くないときは、自分自信にどこか落ち度がなかったのか、ここを見直しするようにします。

 

お互いお付き合いしたいという事で、恋活アプリを使っているわけすから、目的は一致しているわけです。

 

そのお付き合いのために、次もまた会うのが普通ですし、もし受け入れてもらえているのであれば、ここで反応は前向きになるはずです。

 

もし前向きでなければ、次の対策でしっかりとフォローするようにします。

 

 

メールのフォローでさらに蜜になり次に控える

 

そして1回目のデートで2回目のデートの返事があまり良くなかった、または反応が良くても、ここでメールでのフォローをしていくような感じです。

 

これは男性も女性も同じことで、ここで連絡が途絶えてしまうことで、気持ちが冷めやすくなってきます。

 

恋活アプリを使っているという事は、常にライバルがいると思って下さい。

 

また別な人が現れる可能性があるわけですから、そちらの方に注意がいってしまうと、気持ちが離れていく事になります。

 

そうならないためにも、2回目のデートまでは、メールでフォローするような感じにします。

 

こうすることで、相手に気持ちが冷めにくくなりますので、2回目のデートも成功しやすくなります。

 

あまりしつこくならない程度のメール頻度にしておきます。

 

 

恋活アプリ他からアプローチがあっても接続しない

スマートフォンを持っている画像

 

ここで失敗する人も多くいます。

 

まだお付き合いをしていないので、複数交際のような事は、理論上は有りになっています。

 

実際にアンケートを取ると、ほとんどの人は、まだお付き合いしていない状態であれば、複数交際は有りだと言います。

 

でも実際に自分がその立場になるとイヤなもので、相手が他の人とメールのやり取りをする事を、あまり良い感じではとらえません。

 

「そちらがそうであれば、私もそうする」のような勢いになってきますので、ここで亀裂が入ってきます。

 

また中にはそれが許されない人もいます。

 

今の恋活アプリは、ログイン情報が分かるようになっているものが多いので、もし今回デートした人にほぼ決定しているのであれば、恋活アプリにログインしないよいうにします。

 

実は本当の気持ちを確認したく、こういうところで確認する男性も女性も多くいます。

 

「上手くいきそうだけど本当にそうなのか?」その確認をしたいがために、相手がアプリにログインしていないのかの確認です。

 

どうしても他からアプローチがあると、興味本位で見てみたくなりますが、もし今回の方に不安があるのであれば、それでも良いかもしれません。

 

でもそうでないのであれば、ログインしないことをオススメします。

 

 

2回目のデートはさらに密な場所にする

草に寝そべっている若い女性

 

そして2回目のデートができた過程して、どのような場所を選択していけば良いのかという事ですが、これは1回目よりも密な場所にして良いと思います。

 

例えば居酒屋さんのような場所でも良いし、またはドライブなどでも良いかもしれません。

 

要するに二人っきりになれるような場でもOKという事です。

 

1回目からいきなりドライブとなると、特に女性は引きますが、2回目ぐらいからはどこでもOKのような感じになってきます。

 

それであれば、2人がゆっくりと話せるような場所の方が良いと思います。

 

あまり連れまわすような感じでもなく、一ヵ所でゆっくりとするような感じが良いかもしれません。

 

ただ、2回目のデートになると、話すことがなくなってくるような感じになる事もあるので、あまり同じ場所に長居すると、会話に困ることもありますから、早くに切り上げるところでも良いかもしれません。

 

ここは自分のスキルに合わせて設定すると良いと思います。

 

大学生男子は特に注意!恋人同士でない事を自覚する

腰に男性が手を回す若いカップルの後ろ姿

 

そして男性によくありがちない行動ですが、密になってくると、ここで女性に手を出してしまう人もいます。

 

ボディータッチなどです。

 

手をつなぐとか、そういう行動をする人もいますが、まだ恋人同士でもないのに、そんな事をすると、ここで嫌われてしまう事になります。

 

まだ「お付き合いする」という約束されたものがないと、女性はここで拒否する事がほとんどですので、ボディータッチなどはしないようにしましょう。

 

告白をしてからであれば自由ですけど、まだその前にボディータッチ、またはキスをするような行動になると、軽い女性でない事への反応が強くなりますので、ここで終わってしまう可能性は大になります。

 

しっかりと恋人同士ではない事を自覚するようにします。

 

 

恋活アプリで出会っていくつくらいに告白をすると良いの?

夕日をみて寄り添うカップル

 

そして2回目のデートが終わり、いよいよ「告白」の文字をお互いが意識してきます。

 

恋活アプリで出会って、そして何回目のデートで告白をすると良いのか?という事ですが、これは相手を見て判断する以外にありません。

 

個人的にも相手次第だと感じています。

 

まだ相手が受け入れるような感じでないと、いくら告白をしても断られる事になります。

 

1回目のデートで告白をする人は、あまりいないと思いますけど、これはまだ早いと誰でも判断ができると思います。

 

感覚でいうと、そのような感です。

 

ただ遅くなりすぎても良くない結果になる事もあるので、分からない場合は、3回目か4回目ぐらいのデートで丁度良いと感じています。

 

でも自分が好きだいという感情があるのか無いのか、ここがとても大事になってきますので、もし気持ちまだ無いような場合は待つようにして、もしあるのであれば告白をしてしまいます。

 

でも3回目、もしくは4回目ぐらいが妥当だと思います。

 

3回目のデートもあるという事は、嫌いではないのでデートをしている事になるので、そこが目安になると思います。

 

これより遅くなると、成功率は下がってくると思います。

 

告白をする場所については、多い意見では帰り際、もしくは静かな二人きりになるよう場で告白をする人がほとんどです。

スポンサードリンク

トップへ戻る