トップへ戻る

大学生は知っておいた方が良い!出会いアプリの現状と背景について

スマートフォンを操作する手

 

今は大学生でも普通にスマートフォンを持っている人が多く、そのスマホから出会いまでも探せるようになっています。

 

その出会いを探すのに役立つアプリを、様々な会社からリリースされていて、それを利用している学生も多くいます。

 

ちょっと前までは考えられないことでしたが、今ではそれが当たり前のようになりつつあります。

 

近年ささやかれる草食系男子の増加、そんな背景もあり、ますますネットを利用した出会いがヒートしています。

 

ただ、今は色々な種類があって、古い情報までもネットに載っているので、どれが正しく、何がダメなのか、何が何だか分からなくなっている人も多くいる事も事実です。

 

そこで今回は、その整理をする意味で、どんな事になっているのかを詳しく記載しています。

 

 

大学生が出会いアプリを使う前にこれを知っておくと失敗はない

 

最初に出会いアプリを使う前に大学生の方が知っておいた方が良いのは、時代の流れから、中身が相当変わってきているという事です。

 

ここが理解できると、背景が見えるようになるので、出会いアプリを選ぶときに失敗のない選び方になってくると思います。

 

  • テレクラ
  • 伝言ダイヤル
  • 出会い系サイト
  • 出会いアプリ
  • マッチングアプリ

 

出会いに関係する時代背景でいうと、こんな感じです。

 

下にいくほど情報が新しくなっていき、上にいくほど情報が古いものになってきます。

 

まず自分が欲しい情報を得るには、ネットでは、新しいものを選ばないとダメだという事です。

 

必ずそうとは言い切れないところもあるのですが、上記のワードがポイントになってきます。

 

テレクラとは?

 

これはまだ携帯電話もネットもあまり普及していない時の男女の出会い方法で、テレクラというお店があって、そのお店に男性がいき、女性からの電話を待つという出会い方です。

 

男女の出会いサービスは、ここから始まったような感じです。

 

女性はそのテレクラと呼ばれるお店に電話をすると、男性が控えていますので、その電話に出て必死にくどいていくという感じです。

 

そして会う場所を約束をして、そしてデートをする、そんな感じの出会いでした。

 

今の大学生からすると信じられないような出会い方だと思いますが、当時はそれが主流になっていたような感じです。

 

 

携帯電話が誕生して伝言ダイヤルが流行る

 

そして携帯電話が登場してきて、今でいうガラケーの機種が誕生して、そしてその携帯から伝言ダイヤルというものが流行るようになりました。

 

ポイントのついたカードを購入して、そのカードに記載している番号に電話すると、女性の伝言を聞けるようになっている仕組みです。

 

そして気になる伝言に録音をして音声を残せるようになっていて、そこに自分の連絡先も入れておくことで、後で自分の携帯に電話がくるという仕組みになっていました。

 

そして携帯電話でコミュニケーションをしていき、そして出会うような感じです。

 

携帯電話がない人は公衆電話からしていたような感じです。

 

これが今の出会いアプリの原型のような感じになっているわけです。

 

そして時代が流れ、この伝言ダイヤルやテレクラの存在が消えていくようになります。

 

1999年から出会い系サイトの登場する

 

そして時代が流れ、1999年ぐらいから出会い系サイトと呼ばれるものが登場するようになります。

 

NTTドコモが携帯電話にiモードというネットに接続できる機能を備え付けたのをきっかけにサイトから出会いを求める人が多くなっていたわけです。

 

これが出会い系サイトと呼ばれるものです。

 

実は出会い系サイトとは、かなり古いもので、今でも存在しますが、ここから本格的な出会いを求める事ができるようになったわけです。

 

この時はまだスマートフォンはありませんので、アプリというものが存在しなく、サイトの方に頼っていたような感じです。

 

アプリとは知っている人も多いと思いますけど、スマホ用に開発されたアプリケーションソフトの事で、スマートフォンでしか利用できなソフトの事です。

 

そしてこの頃の出会いサイトは、何でもありで、年齢に関係なく利用していたような感じだったわけです。

 

出会いについても、友達作り、食事をする、ただのデートと、出会いの目的も様々で利用できたわけです。

 

この頃から18歳未満が使えなくするために「出会い系サイト規制法」という法律ができて、サービスを提供する会社は、必ずその届け出を公安委員会に届け出をしなければいけなく、さらに利用する人にもその確認をするようになっていったわけです。

 

さらに進化して出会いアプリが登場する!

 

そしてそこから時代がさらに進む、今度はスマートフォンが普及するようになって、パソコンがなくてもスマートフォンから気軽にネットに接続できるようになりました。

 

そしてここで出会いアプリというものが誕生するわけです。

 

要するに出会いサイトのアプリ版という事になります。

 

サイトと中身は、ほぼ変わりなく、そのサイトをそのままスマートフォン向けにしたものという事になります。

 

スマートフォン向けのソフトなので、使いやすいというだけの話しです。

 

サイトに接続しても使えないこともないのですが、字が小さいなど、使い勝手が悪いためにアプリが誕生したわけです。

 

中身はそのままですから、ただの友達、デートをしたい、食事に行きたい、または恋人が欲しいなど、様々な理由の出会いで使えるようになっています。

 

これが今もそのままあるわけです。

 

出会いアプリとは、一般的にこのアプリの事を指すことが多いと思います。

 

出会いを限定させたマッチングアプリが登場する

 

そして今度は、出会いを限定させたマッチングアプリが登場します。

 

限定というのは、食事友達、メール友達、ただの食事友達などの出会いを省いたアプリの事です。

 

恋活、もしくは婚活での出会いに絞ったもので、これが一番新しいタイプのアプリになってくるわけです。

 

でも大学生がここで良く誤解しがちなのですが、マッチングアプリといってもさらに3つに分かれる事になります。

 

  1. 恋活アプリ
  2. 婚活アプリ
  3. 恋活・婚活アプリ

 

この3種類があるわけです。

 

ここで間違ってしまうと、出会いから遠くなってしまいます。

 

要するに、どの出会いを求めているのかで、使うアプリが変わってくるという事です。

 

学生であれば、結婚を考えたお付き合いを、まだしたいと望んでいる人は少ないと思います。

 

そうなると婚活アプリというマッチングアプリの利用は、必要がない事が分かると思います。

 

結婚をすでに意識しているのであれば、そのマッチングアプリを使うことが有利になってきますけど、でもそうでない場合は、使っても好みの人とは、ほぼマッチすることはないと思います。

 

それでは今の大学生が恋愛だけを考えるのであれば、恋活アプリ、もしくは恋活・婚活アプリという事になってきます。

 

多目的の出会いを求めている人は出会い系アプリの利用という事です。

 

呼び方がその人によって異なるので、こんがらがってしまいそうですが、現状でいうと、こんな感じです。

 

大学生男女が出会いアプリを使う前の注意点まとめ

種類 タイプ
出会いアプリ 多目的 直メール型
恋活限定 マッチング型
恋活・婚活限定 マッチング型
婚活限定 マッチング型

 

出会いアプリについてまとめると、このようにまとめる事ができます。

 

要するに、マッチングアプリで探す時の注意点は、その中に婚活限定のアプリも含まれることになるので、それを間違わないようにしなければいけないとういう事です。

 

どれが良いのかを探すときほヒントになると思います。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る