トップへ戻る

大学生に恋活アプリとサークル!出会いに有利な方は?

教室にいる大学生男女

 

恋活アプリとサークル、どちらが大学生男女におすすめなの?

 

という事で、この件についてです。

 

これから出会いが欲しい学生で、ここで疑問を感じたことがある人もいると思います。

 

果たして、どっちが恋愛がしやすいのか?またはすぐに彼女や彼氏ができるのか?

 

今回の例に限らずに、他の出会いでも同じだと思います。

 

中にはすでにサークルにいるけど、それらしいフインキにならない人もいると思います。

 

そこで役立つのが恋活アプリになってくるのですが、でもなぜネットからの方が有利になるのか、使ったことがない人にとっては分からないと思います。

 

という事で、大学生にサークルよりも、なぜネットからの方が有利なのかについてまとめています。

大学生に恋活アプリとサークルどちらが良いのかを比較!

カップルの男女,足だけ

 

大学生の出会いに恋活アプリとサークル、どちらが良いのか?という事ですが、結論からいうと、やはり上記で話したように、ネットからの出会いの方が有利になってきます。

 

まずは、どのような違いがあるのか、比較をすると分かると思います。

 

  1. 出会いのきっかけ
  2. 出会いの合計数
  3. 恋活スキル
  4. カップルになるまでの期間
  5. 費用的なこと

 

 

彼女や彼氏を見つけるには、上記のような事が必要になってきますが、それを比較していくと、分かりやすいと思います。

 

 

恋活アプリとサークルの出会いのきっかけを比較

 

彼氏や彼女を作るといっても、まず初めに必要いなるのが、異性と交流ができるのかどうかで、その場がないと何も始まりません。

 

まず必要になるのが、出会いの場、きっかけの場になります。

 

これを比較していくと分かると思いますが、サークルの場合は、サークルという活動の場のことで、本来は出会いを提供しているような場ではありません。

 

でも大学生が彼氏、彼女を見つけるには、こういった異性と接触ができる場が必要になります。

 

そこで良く利用されるのが、サークルという事になりますが、ここは先程も話したように、出会いだけを求めに活動している人ばかりでもありません。

 

中には、その活動を一生懸命している人もいるし、またそれが本来の姿だと思います。

 

逆に恋愛のためだけに活動されると、一生懸命している人に迷惑になる事もあります。

 

多分、そこはみんなわきまえているとは思いますが、どちらにしても、どうなるのかは、予測ができない場という事になってきます。

 

異性とお話しはできるかもしれない、でも相手は彼氏、彼女が必ずほしいと思っているわけでもない、簡単にすると、このような感じになってきます。

 

でもチャンスがある事は間違いない事で、異性がいるわけですから、タイミングさえ合えば何とかなるものです。

 

でも恋活アプリの場合は、最初から彼氏がほしい、彼女がほしいという事で、利用している人ばかになるので、すでに出会いの場が用意されている事になります。

 

そこに大きな違いがあります。

 

恋活アプリとサークルの出会いの合計数を比較してみる

 

そして恋活アプリと、サークルの出会いの合計数を比較してみると分かると思いますが、サークルの場合は、対象となる人が1人、もしくは2人ぐらいが限界だと思います。

 

その参加している内容にもよりますが、5人も10人も対象として見つけることはできないはずです。

 

もしその1人、もしくは2人が他の人が好きだった、または誰からいつの間にかお付き合いしたという事であれば、そこで終わってしまう事になります。

 

出会いの合計数でいうと、人がいても1人か2人ぐらいまで限界という事になります。

 

でも恋活アプリの場合は、5人でも10人でも探すことができて、しかも出会いを求めている人ばかりになります。

 

これは利用するものにもよってきますが、数十人単位で対象となる人を探すことができます。

 

例えばある人がダメだった場合、すぐに新しい人を見つけて、きっかけを増やすことができます。

 

出会いの合計数が多い方が彼氏や彼女は間違いなく見つけやすいという事にもなります。

 

恋活アプリとサークルの恋活スキルを比較

 

恋活スキルとは、恋愛活動のスキルの事ですが、恋愛力と言えます。

 

その恋愛力とは、たくさんありますが、行動する力や人を引き寄せる力、またはコミュニケーション力、そのようなものを総合したものが恋活スキルという事になります。

 

このスキルは、その人によって変わると思います。

 

でも多くの大学生は、恋愛経験が少ない人の方が多い傾向にあります。

 

サークルの場合は、きかっけとなる場なのので、相手に彼氏や彼女がいるのか、まずその探りから初めて、どのような人がタイプなのか、またはその気にある相手を引き付けるためのこと、またはコミュニケーション力が必要になってきます。

 

ナンパとは違いますけど、その手前のようなスキルが必要になってくるの場になってきます。

 

そのため恋愛経験に乏しい学生の場合は、ここで失敗してしまうというか、思いだけが強くなり、そのまま片思いで終わってしまうケースも多くあります。

 

でも恋活アプリの場合は、最初から相手に彼女や彼氏がいない事が分かっている、プロフィールを見ると好きなタイプや趣味なども分かっているので、すぐに相手が対象となる人なのかどうかの見極めをすぐにする事ができます。

 

コミュニケーションといっても初めやメールからのスタートになるので、直接会って話さなくても良いので、この段階ではコミュニケーション力はあまり必要としません。

 

要するに恋愛経験が全くなくても成功しやすいという事になります。

 

現実でいうと、やっぱり、その経験が少ない学生同士がカップルになるケースが多くあります。

 

恋活アプリとサークル!カップルになるまでの期間を比較

 

恋活アプリとサークル、カップルになるまでの期間を比較ですが、サークルの場合は、恋愛まで発展してお付き合いするまでは約半年、早くて3ヶ月ぐらいです。

 

大体は半年ぐらいが目安になってくると思います。

 

でも恋活アプリの場合は、早くて1週間とか、平均すると1ヶ月ぐらいのものです

 

お互い異性との出会いが欲しい事は一致していますので、メールから仲良くなり、そして実際にあって、本当に自分に合うのかどうかのデートをして、そして3回目ぐらいのデートで告白になり、そしてお付き合いをするという感じの流れになっています。

 

あっという間の大学生生活で、早くに彼氏や彼女をゲットしやすい事になります。

 

また万が一数ヶ月で破局しても、すぐにまた出会いを探すことができます。

 

サークル場合は、その後、気まずい関係になるのは予想がつくと思います。

 

恋活アプリとサークルの費用的なことを比較

 

これはサークルの方が良いことになります。

 

恋活アプリの場合は、女性は無料のものが多いですけど、男性の場合は1ヶ月、4,000円ぐらいかかりますので、費用で比較すると男性だけサークルの方が費用対効果は良い事になります。

 

これはサービスを利用するので、しょうがない事ですが、サークルの場は、どこまでいっても無料になっています。

 

恋活アプリとサークル!大学生にどちらがおすすめ?まとめ

 

比較すると、分かりやすいと思いますが、恋活アプリとサークル、どちらが大学生におすすめなのかは、やはりネットからという事になります。

 

スマホがないと出会いを探すことはできませんけど、でもほとんどの人は携帯していると思います。

 

異性を見つけるのに、とても優れたところがあります。

 

デメリットでいうと先程話したように、男性側は有料になる事です。

 

それと選ぶ人が増えるので、欲張りになるケースもありますので、ここもちょっとしたデメリットになるかもしれません。

 

どちらにしても、出会いを求めている人が多くいる事は、間違いありませんので、早くに対象となる人を見つけることができるはずです。

 

後は自分の勇気だけ!という事になりますけど、1人で活動ができますので、気兼ねなく探すことができるはずです。

 

18歳から利用できるという事も、ちょっとしたメリットになると思います。

スポンサードリンク

トップへ戻る