トップへ戻る

大学生や学生が合コンをするときの予算の目安はどのくらいなの?

会計をする女性,合コン

 

大学生が合コンをするときの予算についてです。

 

出会いを求めて初めての合コン、人を集めて、そしてお店を決めていくことになりますが、そこでちょっとした悩みになるのが、どのくらいの予算にすると良いのかという事です。

 

これはその学生によって感覚が違うので、ちょっとした悩みになる事があると思います。

 

同姓であれば、すぐに聞くと分かりますが、異性でもある人に聞きづらいところもあるので、そこの感覚がつかめないで、予算の設定に迷うことがあると思います。

 

大学生の合コンでは、この予算が一番大事なところになりますから、簡単に決めることができない人もいると思います。

 

中にはバイト三昧のような感じで、少し裕福な人もいますけど、全員がそうとは限りません。

 

その目安的なことをまとめています。

 

 

 

大学生が合コンをするときの予算!一人どのくらいが良いのか?

 

合コンをする時に気になるのが予算ではないでしょうか。

 

特に大学生の場合だと、働いていない方も多く、人数も大人数になりがちですから自分が幹事をする時に予算の割り振りを考えないといけません。

 

どこの会場で行なうのか、料理を食べる時にコースにするのか、単品で注文するのか細かいことも考えていかないといけないので幹事はすることが多くて大変です。

 

しっかりとした金額とセッティングをしないと割合を出すのが大変ですし、みんなの支払いのためにも決めておきましょう。

 

人それぞれかもしれませんが、大学生の一般的な合コンや飲み会の一人当たりの相場は3000円以内に収まることが多いです。

 

安く済ませるために居酒屋などで行なわれることが多くありまして、参加する人数や好みによって中身を変更していきます。

 

例えば、あまり食べない方がいればコースを安くしたり、飲まない方がいれば飲み放題をやめたりして、料理そのものの質を上げて料金を一律にしておくなどの工夫をしてみてください。

 

大学生の合コンでは男性が少し多めに支払うことを予測しておく

 

会計時にバラバラだと後で大変になりますから統一されることが肝心であり、事前に決めておくことが重要です。

 

また男性と女性とでは食べる量も変わってきますから女性の分だけ少し安く設定しておくのも良いかもしれません。

 

割り勘にする場合であっても気持ち的に安く設定しておいた方が参加しやすいですし、気持ち良く合コンができのではないでしょうか。

 

基本的には一人3000円ぐらいを想定しておくのが良いですが、幹事だからもっと安くしようとしてグレードの低い会場を抑えるのはよくありません。

 

もっと安くして予算を抑えようと考えてしまい、あまり雰囲気が出ないところを選んでしまったら残念な合コンになってしまうはずです。

 

他のお客さんで騒がしい店舗、タバコのニオイや煙が充満しているような場所、あまり料理が美味しくない場所は敬遠した方が良いので、地元のタウン誌や情報誌やインターネットを使いまして、良い店舗をピックアップしたら良いでしょう。

 

そういった情報が載せられているものは大抵、料金も掲載されていますから参加人数でどれくらいの費用がかかるかも事前に把握できます。

 

それに日程がハッキリと決まっているのでしたら予約することもできますので準備することが何よりも重要と言えます。

 

利用する会場はできれば個室であった方が参加する方も安心できますから、それを加味して予算を決めていくと良いかもしれません。

 

注文する料理の方ですが、事前に決めることが大事となりますから、やはり単品で注文しておくよりもコースが楽です。

 

人によって内容を変えることがいいですけど、全員が同じコースだと割り勘も簡単ですし会計がスムーズになります。

 

 

 

大学生の合コンは2次会もあり得るのでそこまでの予算も考慮する

 

そして、何よりも重要と言えるのが2次会の会場を確保しているか、考えているかどうかです。

 

居酒屋だと混んだり、飲み放題などの時間が過ぎたりすれば退店しなければなりませんから一番盛り上がっている状態で何もないと残念ですから、次の場所を考えておいてください。

 

予約まではしておかなくても候補をいくつかピックアップして、それぞれの料金も知ってきおくのが良いです。

 

会場で考えていると盛り上がっているところに水を差す可能性もありますし、酔っぱらっているとちゃんとした計算ができないことも考えられます。

 

その他に必要となる予算も考えておくと合コンが上手くいく可能性があります。

 

どういったものが必要になるかと言いますと、酔っぱらった状態であったり、深夜で解散したりする可能性がありますから女性に対して交通費を渡したり、みなさんに余った金額を分けて交通費の足しにしたりとその後のことも考えるのです。

 

料理のギリギリの値段を集めている状態だと、それ以外のことができなくなってしまいますから余裕をもって集めておいてから、最後に分配するようにしておくとスマートかもしれません。

 

悪い方だと最終的に幹事が余った金額を総取りにしてしまうということもあるそうですが、あまりおすすめできない方法と言えるでしょう。

 

 

大学生の2次会の合コンの予算はこのくらいになる!

 

大学生ではなく社会人になりますと、利用する店舗のグレードが上がるなどして支払いも上がるのですが、若い時は2000円から4000円ぐらいが一般的です。

 

先ほども言いましたように女性からの好感度を考えて、男性がより負担をすることが多いですけど、今の時代だと男女平等の考え方も当たり前となっていますので差をつけないということも多くなっています。

 

だから女性を優遇しようと考えているのでしたら参加する男性に対して、そのことを事前に話しておいた方が良いでしょう。

 

あまり深く考え過ぎずにすることが大事であり、幹事になった場合でも合コンは人数に合わせて、会場を決めて予約しておけば良いだけです。

 

追加注文しなくても良いコースにしておけば会計で分からなくなることもありませんし、値段に応じて予算を決めれば良いだけですので、それほど難しいことではないです。

 

 

大学生や学生が合コンをするときの予算についてまとめ

 

大学生や学生が合コンをするときの予算についてまとめるとこのようになります。

 

 

  • 1次会:3,000円
  • 2次会:2,000円

 

 

合計すると約5,000円ぐらいになりますが、男性側が多く支払うケースが多いので、これにプラス2,000円未満ぐらいが予算の目安になると思います。

 

2次会を含めると、男性は約8,000円ぐらいになりますが、そのくらいを予測して、合コンをすると良いと思います。

 

合計すると確かに高いですが、それが合コンになるので、出会いのコスパで考えると、決して良いとは言えません。

 

今は出会いを探すのに恋活アプリなどもありますが、この場合は男性で1ヶ月4,000円未満ぐらいで抑えることができます。

 

女性の場合は無料が多いのでゼロです。

 

毎日活動しても、そのくらいで抑えることがでいますので、コスパで考えると、コチラの方が良いことになります。

 

また恋愛未経験の人も多く、現在進行形でカップルが誕生していて、楽しい大学生生活を送っている人が多くいます。

 

残り少ない学生生活も卒業してしまえば、みんなバラバラになります。

 

もし出会いだけの事を考えているのであれば、効率とコスパが良い恋活アプリの利用の検討も有りだと思います。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る