トップへ戻る

大学生の合コンでは定番の「あるあるの話し」まとめ

大学生,合コン,あるある

 

大学生の合コンであるあるの話しをまとめています

 

良くも悪くも、ありがちな話しなのですが、でもこれから合コンをする学生は、逆に勉強になるところもあると思います。

 

合コンではスムーズにコミュニケーションがいくことでもありますけど、でもほとんどの場合は、緊張しながらでも交流になる事がほとんどです。

 

そして友達がいますが、やはり異性の前になるので、普段とは違う自分を演じてしまうこともあるあるの話しですが、そんな時にしてしまう失態も案外あります。

 

また緊迫した中で多いのが、何とか盛り上げようと、共通する興味がある話題探しを何とかしようとしても、失敗してしまう事になり、さらに緊張感を煽ってしまう事も良くあります。

 

空回りという事なのですが、そんな大学生の合コンであるあるの話しをまとめています。

 

 

大学生の合コンでは血液型占いもあるあるの話し!

 

大学生は何かと出会いあるのが特徴で、合コンに参加する機会が多いのもポイントです。

 

あるあるネタが多いのも、学生同士の集まりの特徴ですから、共感できる可能性が高いといえるでしょう。

 

初対面が多く集まる席では、共通の話題を探す必要があるので、無難な話題を振って興味を惹き付けるのがあるあるです。

 

例えば一人ずつ血液型を挙げて共通点を見付けだしたり、性格が似ている可能性があるなど、会話の切っ掛けになるのが特徴的です。

 

更に血液型占いに進み、相性をチェックして相性の良い者同士が会話に入るのも、決して珍しくない話です。

 

社会人の視点からすると、大学生の合コンは少し子供っぽく見えますが、血液型占いなどはわりと良く行われるので、案外学生に限らないネタだと考えられます。

 

 

大学生の合コンでは何歳に見えるかゲームもあるあるの話し

 

血液型と並び定番なのは、何歳に見えるか尋ねて当て合うクイズのようなゲームもあるあるの話しだと思います。

 

一見すると単なる年齢当てゲームですが、実は失礼な年齢を避ける必要のある、心理戦を用いた高度なゲームだったりします。

 

上手く当てれば見る目の良さで話題が盛り上がりますし、仮にハズレでも老けていない、老けているといった話題に発展するのが魅力です。

 

ただし、見た目に自信のありそうな男性がゲームを始めるのがあるあるで、ハズレでも盛り上がる様子を見て、周りの同性が嫉妬するまでがテンプレートです。

 

もう一つの定番は携帯電話で、一人だけずっと無言で画面を見ながら何かをしているケースです。

 

話し掛けづらいオーラを出しているのがポイントで、孤立しているように見えますが、周りが思うよりずっと快適に過ごせているのかもしれないです。

 

しかし、話し掛ける切っ掛けが掴みにくいので、結局のところは楽しめているのかどうかが確認できないままでしょう。

 

お酒の席が苦手という可能性もありますが、本当は会話に誘われるのを待っているかもしれないことから、一度気になって何度も様子を窺うのもあるあるの一つです。

 

同じ大学同士であるあるネタに興じたり、異なる大学の違いで盛り上がるのも定番ですが、話が盛り上がったところでトイレに行きたくなることも良くあります。

 

またトイレを告げるタイミングが分からず、暫く我慢して言い出す切っ掛けを窺うのも定番でしょう。

 

まだ誰もトイレに行っていないと、最初にトイレに行くことになるので、必然的に注目を集めてしまいます。

 

ただ飲み物を飲めば尿意を催すのは普通ですし、上手く切り出せば盛り上がりを損ねることなく抜け出せるので、我慢せずに素早く行って済ませるのが大切です。

 

上手くトイレに行ける人は、話の流れを切らないどころか、会話の延長線上でトイレを切り出すのが上手です。

 

そういったトイレに行くのが上手い会話上手もまた、遭遇することのある大学生の合コンの特徴です。

 

 

大学生の合コンでは勘定のときにゴタゴタとなるのもあるあるの話し

 

学生同士の集まりとなると、勘定をどうするかで悩むことも案外少なくないでしょう。

 

経済的に余裕がある大学生がいると、少人数の場合に奢りを申し出て人気をかっさらうことがあります。

 

異性は懐の深さに惹かれますし、経済面で優れている人物なのではないかと、急に興味を持ったり注目が集まります。

 

一方、その場にいる同性は、一人が異性の注目を一身に受けていることに不満を覚えますが、奢ってもらった立場なので何も言えないのが面白いところです。

 

このケースは皆ウィンウィンですが、何時の間にか抜け出して割り勘をケチったり、逆に一円の誤差も許さない細かい割り勘を要求する人に出くわすこともあります。

 

これもちょっとしたあるあるの話しだと思います。

 

前者は大人数の合コンに参加する、比較的経済に余裕がない学生が引き起こしがちな問題です。

 

それならまだ同情できなくもありませんが、お金に困っていないのに次々と集まりを渡り歩き、自身の支払いを逃れているのは単なるケチで、思いの外存在しています。

 

直接出くわしたことはないとしても、噂を耳にしたり話題に上るケースはよくあるでしょう。

 

中には勘定のギリギリまでその場にいて、酷く酔ったフリや気持ち悪さを訴え掛け、ずる賢く支払いを踏み倒す人がいたりもします。

 

 

大学生の合コンではいじられキャラに突然なってしまうのもあるあるだと思う

 

盛り上がる場面においては、謎の掛け声を何度も上げたり、周りを巻き込んで不思議な雰囲気ができあがるのも共感されるネタです。

 

ムードメーカーといえば聞こえは良いですが、面白い変わり者の評価が下されるので、気が付けばいじられ役に転じていることもあります。

 

この時に、一緒に盛り上がり過ぎると同じ人種に見られてしましますから、控えめに同調することが必要で、盛り下げない程度に調節して同調するのもあるあるです。

 

周りの雰囲気と自身の気持ちが掛け離れていたり、勝手に盛り上がられると白けがちですが、期待していなかった合コンが想像以上に楽しかったりもします。

 

楽しくなる理由はその時に上る話題であったり、他のメンバーとの相性や話やすさにもよります。

 

思い掛けない出会いほど楽しいものですし、想定していたよりも気分が高揚したりするので、特に好きではないのに合コンに参加してしまう人が案外多いです。

 

これも定番のネタですから、頷けたり納得できる人は結構いると思われます。

スポンサードリンク

トップへ戻る