トップへ戻る

大学生同士の合コンをセッティングする時に偏差値をどう考えると良いのか?

学校のテストの結果

 

大学生同士の合コンをセッティングするときに偏差値は考慮するべきなのか?についてです。

 

初めて合コンのセッティングを任されたときに、気になるのがどこの大学生にいるのか?

 

そんな事が気になる人もいると思います。

 

同じ大学とはいえ、やはり通うところでの属性はかなり違うものになってきます。

 

その偏差値的なことから、あまりにもアンバランスな感じであれば、何かおかしな違和感を感じる人もいると思います。

 

そうなると、どのように合コンをセッティングしていくべきか?

 

そこが迷いになる人もいます。

 

果たしてこれは考慮すべきなのか?その真相についてまとめているので参考になればと思います。

 

大学生の合コンをセッティングする時に偏差値は考慮した方が良い!?

 

大学生同士の合コンをセッティングする時に偏差値は考慮するべきか、しないべきか?という答えですがこれは「考慮すべき」というのが答えになると思います。

 

人って分かると思いますけど、必ず自分の価値観と一致しない事が分かると思います。

 

例えば女性の好みで言うと、太めが好き、痩せている方が好きなど、その人によって、体系などの好みも違うと思います。

 

性格も同じで、キツイ性格の人を好み人もいれば、優しい人を好み人にも分かれます。

 

人によってこのように価値観が変わりますので、合コンをするときに偏差値を考慮すべきか?という事ですが「考慮はすべき」という事になってきます。

 

ただ考慮すべきなのですが、そこだけを考える必要もありません。

 

取りあえずは考えてみて、あまり無理がないような感じであれば、そのままセッティングしてもOKだという事です。

 

要するに何も考慮しない事の方が問題であって、理由は、そこまで考えることができないのであればセッティングの方もおそろかになりがちになるからという理由です。

 

そこまで気遣いできない気持ちの方に問題があるという事です。

 

大学生同士の合コンのセッティングをするという事は、その人が幹事になるわけですから、自分を含めて恋活が上手くいくようにセッティングをしなければいけません。

 

そこに何も考えないで適当にお店を決めても上手くいく時はいきますが、必ずそうでもない事もあります。

 

何でもそうですけど、計画というものが大事であって、色々と予測できる事を先回りをして考えておく事は、どれついても必要な事になります。

 

それを前もって考えていくのが幹事の役割であって、何も考えないでお店だけ決めてしまうのであれば、これは誰にでもできることでありますので、幹事は誰がしても良い事になってきます。

 

それはそれでも良いのですが、合コンをするという事は、それが目的ではなくて、最終的には恋愛まで発展させる事が最終目的だと思います。

 

さらに言うと、参加する異性の質も問われることになるし、その選抜も考慮していかなければいけません。

 

先程も話しましたけど、人には好みやタイプが存在しますので、ただ人を集めただけでは、恋愛まで発展させずらい事になってきます。

 

いざイベントを企画したは良いけど、会ってみると、参加した人同士の折り合いが合わない、こうなってしまうと、ただ単にイベントを企画したというだけで、そこから先は、何も生まれないことになります。

 

時間と飲食代をそこで捨てる事になりますが、イベントをするだけが目的であれば、それでも良いかもしれません。

 

でも先程も話したように、目的はあくまでも素敵な異性を見つけて、恋愛まで発展させる事だと思います。

 

例えば男性側では、優しい女性を求めているけど、実際に会うとキツイ性格の女性ばかり!これでは、恋愛にまで発展する事がありません。

 

例えばの話しですが、このように、なるべくお互いの好みを合わせていくように考えていくのが合コンをセッティングするときのポイントになってきます。

 

そのための幹事でありますので、偏差値を考慮することも、ごく自然な事だと思います。

 

 

大学生の合コンセッティングは偏差値は考慮する以上に大事な事は?

 

大学生同士の合コンをセッティングするときに偏差値は考慮すべきですが、先程話したように、考え方の一つでしかありませんので、考えても無理なときもあります。

 

人の好みは色々、でもそれをすべて考慮するとなると、とても大変な事でもあります。

 

ある程度ぐらいの感覚で、一応考えたぐらいの気持ちで良いと思います。

 

例えば事前情報で、相手女性が同じ偏差値の男性を求めているという事であれば、そのための男性を集めるとなると、とても大変な事になってきます。

 

でもその人集めをするよりも、もしそうだと仮定したときに、どうすれば今の偏差値が低い男性の集まりでも成功する事ができるのか?

 

ここが一番大事なことになります。

 

例えばの話しで、現実にはそんなに偏差値を気にしている女性はいないのですが、例えばそうだと仮定した場合の話しです。

 

これを応用すると合コンを成功しやすくなってきます

 

要するにどう攻めていくのか?ここがとても大事だという事です。

 

最終的には、恋愛まで発展させる事が目的ですから、そうなるための計画の方が大事だという事です。

 

ですから極端に言うと、偏差値が高い男性を求めている女性であっても、イケメンだけしか求めていない女性であっても、合コンのやり方次第で、どうにもでなるという事です。

 

でもそこいある程度の計画性がないと、成功する率は下がってくる事になります。

 

そこに頭を使った方が、早くに異性をゲットする確率は上がっていきます。

 

大学生同士の合コンを成功させるには計画性が必要

テーブルにあるノートとボールペン

 

上記で話したように、大学生同士の合コンを成功させるには、ある程度の計画性のようなものが必要になります。

 

多分1対1という事は、ほとんどないと思いますけど、2対2であれば、どのような流れにすると良いのか?3対3であれば、どのような設定にしていければ良いのか?そこに力を注ぐ事が大事です。

 

例えば1次会だで終わってしまうのか?それとも2次会かまで考慮すべきか?なども大事になってきます。

 

せっかく1次会で大成功して、相手はまだ話したのに、そのままお別れしてしまうのも寂しいものがあると思います。

 

でも全員、1次会までの事しか考えていなければ、そこで予算の問題や次の日に早くにバイトがあるなど、参加できない人も出てきます。

 

また終電に間に合わないような事にもなるかもしれません。

 

そのようなところの計画性という意味です。

 

そこで躊躇して、2次会が出来る出来ないの話しをしても、スムーズでもありません。

 

先に先手を打っておいて、スムーズに2次会ができるように、お店も目ぼしいところを決めておいたり、または空いてそうなカラオケボックスを調べておたりすることで、スムーズな流れになります。

 

そういう自然な流れに女性は「しっかりしたグループ」という事で、ますます恋愛に発展させやすくなります。

 

でも何もそこに計画性がなければ、カッコ悪いグループになってしまいます。

 

そういう細かいところを女性は見ていますので、お店選び一つとっても、座席のタイプやお店のフインキ、そのような事も大事になってくるわけです。

 

ただの飲み会であれば、料金などを気にするだけですが、合コンですから、色々なことを求められることになります。

 

そこを理解して幹事はイベントをセッティングすることで、良い方向にいくと思います。

 

まして月に何回も企画ができるわけでもないので、なおさら計画性の方は大事になってきます。

 

その具体的なテクニックについては、下記にまとめていますので、目を通してみて下さい!

 

スポンサードリンク

トップへ戻る