トップへ戻る

大学生の合コンで失敗しない選曲と嫌われる行動とは?

カラオケボックス

 

大学生の合コンで、カラオケにいくこともあると思いますが、そのカラオケで失敗する日人もたくさんいます。

 

歌の方は、2次会になることが多いと思いますけど、1次会で気分が良くなり、周りが見えなくなり、そしてついつい相手の気持ちを考えないで、先走ってしまい、恋愛にまでならないケースもあります。

 

最後まで気が抜けない場ですが、どんな歌を選曲していくのかでも、場のフインキやその人に持つ、印象なども変わってきます。

 

今回は、その選曲で失敗しないための内容や、逆に選んではいけない曲、そしてカラオケでモテる振る舞いや持てない振る舞いについて解説しています。

 

大学生男子が合コンのカラオケて盛り上がる曲の選び方

 

大学生男子と女子大生のような若い世代の女子で合コンを行う場合、やはりカラオケで盛り上がるというプランが多くなっている傾向にあります。

 

モテる曲の選び方としては、基本的に盛り上がる歌でその場が活気に満ちてくるようなソングを選ぶと良いでしょう。

 

センスの良いメジャーなマイうたを選ぶ方法も推奨されています。

 

順番に着目した場合、一曲目に入れる曲は明暗が分かれやすいことになります。

 

一曲目でその場の雰囲気が丁度良いかんじに盛り上がれば、その後においても楽しい空気が流れるイメージにつなげられます。

 

ところが、一曲目でセンスのないマイナーでマニアックな曲を入れてしまうと、若い世代の女子たちが引いてしまう可能性が高くなります。

 

例えば、ラップを格好良いと考えている男子が一定数存在しており、彼らは迷わずラップを披露しようとしますが、それを聴かされた若い世代の女子たちは反応に困ってしまうでしょう。

 

カラオケの場に来ているメンバー全員に配慮し、最大公約数の曲を選んで歌うことがおすすめということになります。

 

近年ではメロディーラインや歌詞が複雑になっているものが多いため、女子ウケをねらってモテたいのであれば、キャッチーで単純な歌を選ぶほうが無難です。

 

 

大学生男子が合コンのカラオケてモテない曲の選曲とは?

 

大学生男子で彼女が欲しいと感じている方は多く、できるだけ出会いの場を増やすために定期的に合コンに参加するという方は増えてきています。

 

大学生同士で出かける場所の一つにカラオケがありますが、女性とも近くに座れる良いチャンスですし、みんなで盛り上がれる曲を選曲することができれば、気になる女性にもアピールをするチャンスでもあるので、合コンのカラオケ選曲はとても重要になってきます。

 

ただ選曲によっては全く盛り上がらない可能性も高く、せっかくお気に入りのマイソングを歌ってもモテない結果に終わってしまう恐れがあります。

 

モテない選曲で挙げられやすいのが、マイナーなアニメソングを選んでしまう場合や、誰も知らないような洋楽を入れてしまうことです。

 

近年ではライトなアニメファンなども増えてきたこともあり、誰でも知っているような大人気アニメの曲であれば、女性との話が盛り上がるきっかけづくりとして人気があります。

 

ただ女性が見ないような男性向けの萌アニメの主題歌であったり、同士と一緒にカラオケに行く感覚でアイドルアニメの曲などを熱中して歌ってしまうと、アニメを見ない女性にとってはドン引きしてしまう原因となります。

 

また英語歌詞で意味がわかりにくい洋楽なども、意識が高い男性と見られがちです。

 

 

合コンのカラオケでモテる大学生のふるまいとは?

音符が空を舞っている,合コン,大学生

 

大学生になると勉強だけでなく、サークルでの活動や友人と遊びにでかけるなどいろいろと日々、予定などが立て込んでいる方もいるでしょう。

 

また、彼女を作りたいと合コンに参加する方は、飲み会やカラオケなどで女性にモテるためにいろいろと行動してみることも必要です。

 

カラオケでは、ただ歌って楽しむだけではなく、周囲を気遣うことも重要なポイントです。

 

合コンのカラオケでモテるふるまいとしては、カラオケの際には基本的に飲み物や食べ物などを注文します。

 

歌に夢中になっている人もいますが、ある程度時間が経てば飲み物を飲み切っている方や頼んだ食べ物などが残り少なくなっていることもあるでしょう。

 

このような場合に、さりげなくその人のおかわりを頼む、ほかに欲しいものはないか聞いてみて注文してくれるなどの気配りなどが大切です。

 

店員が注文したものを持ってきてくれたら、それを率先して受け取るなどこまかいことですが、さりげなく行動することがポイントです。

 

また、合コンでも歌が得意でない女性もいます。

 

その場合にはさりげなく一緒に歌おうかなどと声をかけてサポートをしてみるなど、カラオケを盛り上げる以外にもいろいろと気遣うことがモテるふるまいにつながります。

 

 

合コンのカラオケでモテない大学生のふるまいとは?

マイクの持ち方がキザな人

 

大学生の合コンの王道と言えばカラオケです。

 

一次会からいきなりカラオケが合コン会場になることは考えにくいので、所謂「顔合わせ」が終わったリラックスムードでカラオケに流れるというパターンが多いのではないでしょうか。

 

これは男子にとってはチャンスでもあり、気を引き締めるところでもあります。

 

なぜならばこのカラオケでの振る舞いがモテない男子を決定付ける要因となる場合があるからです。

 

カラオケでのモテない男子の特徴はいくつかあります。

 

マイクを握って離さないというのは論外ですが、女子が歌っている最中に勝手にハモるのも高い確率で嫌われてしまいます

 

それから、最初の一曲目からみんなが知らないような曲を選ぶというのもおすすめできません。

 

まずはみんなが知っている比較的ノリのよい歌から入るようにしましょう。

 

細かいところでは、マイクの持ち方等も女子にはチェックされているということを覚えておいてください。

 

カラオケは緊張が解けた雰囲気の中で行われるものですが、だからこそその時の態度が今後に大きく影響するのです。

 

逆に自分はモテないと自覚している男子でも、さりげない気遣いをすることによって一発逆転を狙える絶好の機会にならないとも限りません。

 

 

合コンのカラオケでモテる大学生男子のアプローチとは?

 

男子大学生がカラオケでモテるには、さりげない言動が大きなポイントといえます。

 

例えば、女子たちが歌っている時に一緒に軽く口ずさんでみたり、手拍子をしてくれると周りが盛り上がりますし、気遣いが出来る人として好感度がアップするのです。

 

また、あまり歌っていないおとなしい女子に対して、曲を予約してあげたり一緒に歌わないかと誘う優しさも、人間的な魅力を感じさせます。

 

気になる異性へのカラオケでのアプローチ法としては、上記で話したように選曲も重要な要素といえます。

 

周りに対しても穏やかに接して細やかな気配りを忘れないように注意することによって、優しくて頼り甲斐のある人とみられる可能性が高まるのです。

 

このように、合コンのカラオケでモテる方法は沢山あります。

 

 

合コンのカラオケでモテない大学生男子のアプローチ

 

大学生というスタンスで考えると、スマート系で攻めたほうがいいでしょうね。

 

合コンにもいろんなスタイルがありますが、特にカラオケというと取っつきやすいがために、逆にやりすぎてしまったり引っ込みすぎてしまったりしてモテないまま終わることも多々ありますよね。

 

アプローチを楽しもうと思えば、カラオケが適さないという訳ではありませんがもっとほかの手だてが向いているのではないでしょうか。

 

例えば、スポーツバーとかゲームセンターとか複合遊戯施設等今や行く場所には事欠きませんね。

 

場所をカラオケしているところに限定するとなると、もてないアプローチは、しつこかったり我先に歌うことだったり、それに何曲も予約することなど全てマイナス要素ですね。

 

場を盛り上げることに徹する以外は、余程歌唱力が優れていれば別ですが、そこそこのレベルだと周りがその雰囲気に合わすことが逆に気遣わせることになりますね。

 

何よりも参加者が楽しく歌ったり踊ったりパフォーマンスをすることができる場づくりをすることが最優先されますよね。

 

気遣いも度を超すとお互いしんどくなりますが、ある一定レベルは必要ですよね。

 

モテないモテるの線引きも難しいところではありますが、気持ちよく接しようという心の準備は必要ですね。

スポンサードリンク

トップへ戻る