トップへ戻る

大学生の合コンで成功しやすい席替えの方法と幹事の役割

テーブルと席,大学生,合コン

 

大学生や学生の合コンで成功しやすい席替えのセッティング方法についてです。

 

2対2ぐらいであれば、必要はありませんが、学生の合コンと言うと、必ずといって良いほど、グループになる事がほとんどだと思います。

 

3対3ぐらいになると、やはり一人一人としっかりと話すことができなくなってくる事もあるので、そうなるとフインキにも偏りがでてくる傾向にあります。

 

最終的には恋愛まで発展させる事が目的だと思いますけど、でもどの人がタイプになるのかは、その異性と話してみないと分からない事です。

 

そのためには、席替えも必要になってきます。

 

でもそのタイミングやポイントが分からないと、ただ席を変えてしまうだけで、場をしらけさせてしまう事にもなります。

 

そうならないためのセッティング方法についてまとめています。

 

大学生の合コンの席替えの準備!最初は同姓同士で横に並ぶ

 

大学生になれば合コンに誘われる事もありますので、参加をしてみるといいでしょう。

 

合コンがきっかけに恋人が出来る事もありますし、交友関係をひろげて行けるようにもなるはずですので、合コンは大学生活にとっても欠かせない事の一つともいえるはずです。

 

一般的な合コンは3人対3人といった風に、男女の人数が同じになるようにセッティングされています。

 

居酒屋などで行われることが多いですが、まずはどんな席で開始するようになるのでしょうか。

 

開始当初から男女混合で座る事はありませんので、最初は同姓同士で横並びで座ると思っておくといいでしょう。

 

まずは同性同士で横に並ぶようにし、自己紹介などをして会話をしていくようになりますが、最初から最後までその並びのまま座っているわけではありません。

 

途中で席替えをするようにしておけば、話も盛り上がりやすくなっていきますし、ゲームなども楽しみやすくなっていきます。

 

席替えのタイミングは、しばらく会話をしてから行うようになりますが、あまり焦って席替えをしたいと言わないようにしましょう。

 

あまりにも早い時間で申し出てしまうと、がっついていると思われてしまう可能性があるので、タイミングを見て行うのがコツです。

 

 

大学生同士の合コン!最初の席替えのタイミング

 

合コンの場合に、異性の人とは幹事以外初対面と言うことが大半ですので、最初は同性同士で横に並んでスタートすると、お互いに顔を見ることも出来て喋りやすいです。

 

最初から男女ごちゃごちゃに並んでしまうと、全員がしっかりと顔を見ることもしにくかったり喋りにくい状態になります。

 

基本的には、幹事が男女共に廊下の端っこにスタンバイしておくと、フォローなどもしやすいです。

 

そして大学生の合コンで最初に席替えするタイミングは、人見知りしている人もいて、お酒も入っていないと思います。

 

基本的には30分ほどノースタンディングの状態で自己紹介や趣味・仕事などのテンプレートな会話が一通り終わったところが良いです

 

その頃になると会話も途切れがちになりますので、幹事もこのタイミングを見逃さないように心掛けておき、一言席替えする旨を声掛けするとその場のテンションもまた盛り上がります。

 

席順は、自由気ままに移動すると男性女性共にモテる人だけが得をしてしまいます。

 

折角、合コンに参加したのだからみんな新しい恋愛をしたい気持ちは一緒なので、平等になるように全員が1度は隣になるよセットすると喜ばれます。

 

気になる方は「合コンの最初に席替えのタイミング」で検索してみるのをオススメです。

 

 

合コンで席替えをするときの声がけとその方法

 

合コンでは複数の異性と出会えることが出来ますが、席替えをしなければ、いつまでたっても同じ人としか会話をすることが出来ません。

 

そのため席替えをして座る位置をシャッフルすることが重要になりますが、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

まず席替えをするについては、男性の方から声がけをすると良いでしょう。

 

自主的に声をかけることで、積極性を見せることが出来ますし、その場を引っ張っているようなリーダー的な存在としてもアピールすることが出来ます。

 

ダイレクトに席替えをしよう、と声がけをしても良いですし、くじを使ってゲーム的にしても面白いかもしれません。

 

くじはペンと割りばしがあれば作れます、ティッシュペーパーやナフキンで長いこよりを作って同じこよりを引いた人がペアになるといった感じでも出来ます。

 

事前に準備するよりも、その場にあるものを利用した方が臨機応変に対応できる人間としてもアピール出来ます。

 

声がけが出来ない場合には、男性陣で一緒にトイレに行き、戻ってきたらしれっと席替えをして座る方法もあります。

 

リーダーシップというアピールをすることは出来ませんが、自然な感じで席替えをすることが出来、女性陣にがっついていない印象を与えることも可能です。

 

 

大学生同士の合コン!席順を決める流れまとめ

 

大学生同士の合コンの席順の決める流れまとめです。

 

今回は参加したときに役立つ席順の決め方について説明していきます。

 

まず、上記で話したように、合コンでは全員が一度は隣同士になるように最低でも1回は席替えをするようにしましょう。

 

声をかけるタイミングを逃して0回ということにならないように幹事になった場合は注意してください。

 

スタート時の席順ですが、初対面の異性同士が多いことが予測されるので同性同士が横に並ぶようにします。

 

男女を横並びにしてしまっても顔が見えにくいですし、喋りにくいのでこれを防ぐためです。

 

また、幹事は動きやすいように端の席に着くようにします。

 

次に1回目の席替えのタイミングですが、最低でも開始から30分は経過してからにします。

 

これは上記で少し話したように、まだお酒もはいっていなかったり、打ち解けられていない可能性が高いため、時間をすこし置いて様子を伺います。

 

この約30分の間に自己紹介を済ませ、場が和んだタイミングで幹事は席替えの声かけをすると良いタイミングになるでしょう。

 

このときの席順の決め方ですが、全員が隣同士になるように移動させましょう。

 

例えば、女性だけが横に1つづつ席をずれるといったように、順番に時間を決めて移動を行うとスムーズにいきます。

 

これを繰り返していくのが合コンでの席順の基本的な流れになります。

 

 

大学生同士の合コンの席替えのルールを知っておく事も大事

 

合コンは、今や男女が知り合ううえでなくてはならないイベントでもあります。

 

沢山の合コンスタイルがあるなかで、どのスタイルにも席替えがあります。

 

席替えは、二人の距離が縮まる大切なアクションであり幹事である方はきちんとタイミングを見計らう必要があるのです。

 

まずは、自己紹介やお互いの趣味などの話が一段落したのを見計らって声を掛けるのがルールだと言えます。

 

場が盛り上がりすぎて、なかなか声がかけづらい場合でも勇気を出して席替えを行うことが必要です。

 

そして、席替えを行うこと上で席順も大切になります。

 

自由に席替えを行ってしまうと、良い雰囲気の男性と女性がかたまってしまうケースがあり余ってしまう男女も出てきてしまいます。

 

そうならないためにも、必ず男性と女性が一対一で皆が隣どおしになるように座らせることがルールの一つだと言えるのです。

 

他にも、例えば4体4の合コンであれば最初は2番目の人と4番目の人が男女で入れ替わり必ず隣が異性になるように座ります。

 

2回目は、男同士で横に移動し3回目は男だけで縦に移動するのも一つの方法です。

 

そうすることで、必ず皆が隣り合うように座ることが出来ます。

 

このように、幹事がきちんと仕切っていれば素敵な合コンになることは間違いありません。

 

 

大学生の合コン!その他の席替えの極意とは?

 

大学生が合コンで成功をするためには考えなければならないことがたくさんあります。

 

そのなかでも重要となるのが席替えになりますが、合コン中の雰囲気を良くするための席替えのテクニックを覚えておくと良いでしょう。

 

一般的に合コンの途中で席を変更するとなると、今までの雰囲気を壊したり、タイミングが悪くてしらけムードになったりと良いことばかりではありません。

 

何故、席替えで失敗してしまう可能性が高いかと言いますと、一度に全員の席を変えようとするからです。

 

合コンは初めは打ち解けていないのでたどたどしい部分があり、徐々に慣れていき雰囲気も良くなります。

 

しかし、これから慣れていこうとしている時、慣れて盛り上がろうとした時に席が替わってしまいますと初めの感覚に戻ってしまう訳です。

 

もう一度初めからリスタートしてしまう状態となり、人によってはもういいと諦めてしまう方もいるでしょう。

 

これが席を変えることによる盛り下がりの原因であり、男性にも女性にも良いことはほとんどないのです。

 

では、どのようにしたら良いかと言いますと、一気に席を変えるのではなく少しずつ替えていくのも一つの方法です。

 

替える時も無造作に行なう訳ではなく、女性の気持ちや心のうちを読み取る必要があり、今どうしたいのかを考えて行動します。

 

多くの女性は口には出しませんが、今の状態が良い雰囲気なのか悪いのかを表情や姿勢などに表しています。

 

素の状態だと分かり辛いかもしれませんが、お酒が入って少し入って酔っぱらって来ますと、表情に出やすくなり、疲れている雰囲気が出た姿勢や笑顔が少なくなるなど、今の雰囲気が良くないことが察せられるようになるのです。

 

そのような表情や姿勢が出るということは、周囲の男性に対して興味がないと受け取れることもできますから、そこで席替えをしてあげるのです。

 

もちろん逆のパターンもありまして、笑顔が見られたり、常に前傾姿勢であったりと良い雰囲気が分かれば席はそのままにすると良いでしょう。

 

このように女性は何かしらのサインを出していますので、席替えを指示する立場やリーダーシップを取っている場合は参加者の顔色を確認しておくことが大事です。

 

また基本的に席を移動するのは男性だけにして、女性の場合は同性同士で盛り上がり始めた時に考えるようにしましょう。

 

無駄に揉めないようにトイレに立った時に入れ替えるなどのテクニックなどもありまして、場の雰囲気を壊さないようにして合コンを成功させます。

スポンサードリンク

トップへ戻る