トップへ戻る

大学生男女が恋活パーティーで異性をゲットするには?

マイクのアップ,パーティーの様子。

 

大学生男女が恋活パーティーで相手を見つけるには?についてです。

 

彼氏や彼女が欲しいという事で、出会いを探している学生男女は多いと思います。

 

今は自然にとか、待っているとか、または白馬の王子様が待っているとくるような時代でもなくなってきているかもしれません。

 

今の男性の性格的な事も影響していますが、女性から積極的に恋活をしていかないと彼氏もできないような傾向になりつつあるかもしれません。

 

女性も男性の恋愛もちょっと大変になっているかもしれません。

 

そんな時に役立つのが、サービスの利用ですけど、恋活パーティーもその一つになってきます。

 

今は色々なイベントが用意されています。

 

出会いがすでに用意されている場、という事になるので、わずらわしいものがなく、すぐに彼女や彼氏がほしい異性と出会うことができるようになっています。

 

でも初めて利用するサービス、どこか不安があると思います。

 

という事で、大学生男女が恋活パーティーを利用するときのポイントについてです。

 

 

恋活パーティーってどうなっているの?大学生の疑問について!

 

恋活パーティー、気になるけど一体どうなっているのか、その現状についてです

 

これは私も体験した事なので分かることですが、気になっている人は、社会勉強にような感じで、一度は参加した方が良いと思いますよ!

 

その方が言葉で伝えるよりも、理解が早くなると思います。

 

とはいっても、参加する前にどうなっているのか気になるなる人の方が多いかもしれません。

 

という事で、現状についてですが、このような感じになっています。

 

  1. 全国版が複数
  2. 地域限定が複数

 

のような感じになっています。

 

 

全国版というのは、そのままで、全国で企画されているものになります。

 

その都道府県の中心となるようなところで、全国でイベントが行われているものがあります。

 

北海道でいうと札幌、関東でいうと東京、そんな感じで、都道府県の中心になるようなところで、恋活パーティーのイベントが行われているような感じです。

 

ただ全国版になっている企業の数は少なく、指で数えるぐらい数しかありません。

 

代表的なものでは、街コンジャパンというところが運営しているものが代表的です。

 

ここは数々の企業が企画するものを一まとめにしたサイトで、これが最もスタンダードな恋活パーティーを多く企画しています。

 

要するに小規模の会社から大規模な会社も、一まとめになっているサイトの事で、数を集めているわけです。

 

一つの会社の場合の企画は、数がしれていますけど、でもたくさんの会社が集まることで、色々な種類の企画を集めることができます。

 

その街コンジャパンのイベントが主流になっています。

 

後は「エクシオ・スチューデント」という学生向けの恋活パーティーも全国版になっていますが、まだまだ企画の多さでは、満足のいく内容にはなっていませんので、全国版ではあるけど、ある地域になると、ちょっと弱い感じになってきます。

 

でも運営元は、エクシオといって、婚活部門の方ではとても有名で、活気にあふれています。

 

その学生版が「「エクシオ・スチューデント」」という事になります。

 

この2つが全国で対応されているもので、後は小規模の企画になってきます。

 

 

小規模の恋活パーティーで大学生向けのものもある

 

小規模というのは、地域に根付いたものになってきます

 

これも数としては多くないですけど、人口の多い関東方面に多いと思います。

 

本当に小さいものであれば、それなりの数があると思います。

 

でも、その地域に住んでいる人は、参加することで異性との出会いがあるので、チャンスがあると思います。

 

実は学生向けのものは、数が多くあるようで、やはり今現在多い恋活パーティーというのは、どれも社会人向けのものが割合を占めているような感じです。

 

でもこれから学生が多く利用すれば、その広がりから全国版になって、とても活気のある内容になってくると思います。

 

今は合コンセッティングサービスの方に押されている感がありますので、現状でいうと、そのような感じになっています。

 

需要で言うと、やはり合コンの方が学生からすると入り込みやすく、人気があるような感じです。

 

これが今の現状です。

 

 

 

 

大学生が気になる恋活パーティーの流れ!一体どうなっているの?

パーティーのフインキをだした家

 

そして中身についてですが、これも流れのようなものが決まっているので、把握しやすいと思います。

 

最初に予約が必要になりますけど、友達と参加してもOKになっています。

 

初めて利用する人は、不安も色々とあるので、友達と参加している人の方が多いかもしれません。

 

流れでいうと、このような感じです。

 

  1. 受付
  2. プロフィール作成
  3. 自己紹介
  4. フリートーク
  5. 結果発表

 

 

このような流れになっている事が多いと思います。

 

ある会場を企業が予約をしている事になりますが、時間に縛りがありますので、その時間の中で流れが決まっているようになっています。

 

時間にすると約1時間30分〜2時間未満のような感じです。

 

大勢でするものから個室限定になっているものなど、この2つに大きく分かれると思います。

 

受付を終わらせるとプロフィール作成をしますが、これは相手と自己紹介するときに利用します。

 

身長や出身地など、基本的な事から、趣味や好きなことなど、詳細のプロフィールを作成します。

 

パーティーがスタートすると、あらかじめ作っておいた自分のプロフィールを相手と交換をして、自己紹介をしていくような感じです。

 

自己紹介の時間は、1人約2分ぐらいの感じで、次から次へとみんなと自己紹介をしていきます。

 

全員の異性との自己紹介になりますので、1人2分ぐらいの時間ですが、全員と自己紹介をするとなると、それなりの時間を必要とします。

 

初めて参加した人は、その回転の早さに、ちょっとびっくりするかもしれません。

 

そして回転ずしのように回っていき、全員と自己紹介が終われば、今度は中間チェックのような時間があります。

 

どの人を狙いとするのか、または気になるのかのチェックをする時間があります。

 

そしてチェックしておいて、フリートークになってきます。

 

これは気になる人に声をかけて、アピールをするような時間になってきます。

 

傾向はやはり女性は待っていて、男性が気になる女性に声をかけるような感じです。

 

その時間に約5分以上なので、自己紹介よりも長く気になる人と話すことができます。

 

そしてそれが終われば、最終チェックといって、第三希望までチェックしなければいけません。

 

ちなみにこれは第三希望までいなくても、強制的なような感じで、第三希望まで記入しなkればいけないような感じです。

 

そしてスタッフが、その第三希望までの人と合致している人を探して、結果発表となっています。

 

流れでいうと、このような感じになっています。

 

 

大学生が恋活パーティーで成功するには第一印象

 

流れは把握できたと思いますが、大学生男女が恋活パーティーで相手を射止めるには、第一印象が大事になってきます。

 

自己紹介からフリートークの時間を合わせても、気になる人と、長くても10分ぐらいの会話しかないので、その人の本当の人柄のようなものを把握する事ができません。

 

そのため自分に合うのかどうかというよりも、表面的な見た目や印象によって判断するような感じになってきます。

 

これが1時間、もしくは1人と2時間ぐらいでも話しをすると、まだ性格的な事まである程度判断する事ができますが、10分ぐらいでは難しいものがあります。

 

イメージとしては、新しく友達になりそうな人と、約10分ぐらい話して、その間に彼氏や彼女になるのかの選択するようなイメージです。

 

時間がないために、中身については分からないので、第一印象のようなところで決めるしかありません。

 

その第一印象に、どこまでも磨きをかけている人は、成功しやすいと思います。

 

恋活パーティーで相手を見つけるには、ここが一番のポイントになってきますので「短時間の即決型」そんなイメージを持つと良いと思います。

 

正直な感じで言うと「見た目に自信がある人」このような人が強いと思いますので、そこに自信がある人には特におすすめできます。

 

 

大学生は注意!恋活パーティーは間口が狭いと失敗しやすい

 

それと大学生男女に注意してほしいのは、間口が狭いと失敗しやすくなりますので、ここにも注意が必要です。

 

逆に受け入れる間口が広い人もカップリングしやすいと思います。

 

というのは、第三希望ぐらいまで必ずチェックしなければいけませんが、中には「第一希望でないとイヤだ」こんな人もいると思います。

 

この場合は、もし第三希望の人とカップリングしてしまうと、形上はカップリングしていますが、その先、続くことが難しくなってきます。

 

多分ですけど、カップリングしても連絡先交換もしないで、そのまま別れてしまうような感じになると思います。

 

男性は守備範囲が広いので第三希望でも受け入れる範囲があるのですが、女性は守備範囲が狭い傾向にあるので、妥協で選んだ人には、あまり見向きもしない傾向になります。

 

そこの考え方を少し変えると、間口が広がり、異性を早くに見つけることができると思います。

 

そして、まずはチャレンジだと思います。

 

実際に参加してみて、それからでないと感覚をつかむ事が出来ませんので、合うのかどうかの判断もできないと思います。

 

恋愛をしたい場合は、まずは行動をする事が肝心になってきますので、興味がある人は参加する事をお勧めします。

スポンサードリンク

トップへ戻る